カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 分娩 >
  5. 基礎知識 >
  6. 臍帯を切る時期は、『遅い/早い』どちらが正しい?~貧血防止とビリルビン血症のリスク

妊娠・出産

臍帯を切る時期は、『遅い/早い』どちらが正しい?~貧血防止とビリルビン血症のリスク

臍帯血(さいたいけつ)とは、出産後お母さんの胎盤と赤ちゃんのおへそ部分を繋いでいる『へその尾(臍帯)』の中に含まれる、胎児血のことを言います。胎児血は、成人の末梢に流れる血液の成分とは異なり、『血球が大きく、濃度が濃い』という特徴があります。

 

それゆえ、臍帯を切る(止める)時間に関しては様々な見解があり、早期に切ることで貧血を引き起こす可能性があり、遅延させることでビリルビン血症となるリスクが報告されています。どの程度の時間の経過で切ることが最も望ましいと考えられているのでしょうか?

 

臍帯血は、赤ちゃんに多く流れ込むと『多血症』のリスクがある?

胎児は胎盤を通して母側から酸素や栄養分を受け取り、老廃物を母体側に渡しますが、胎児と胎盤をつないでいるのが臍帯です。臍帯血には以下の特徴があります。

 

■成人の末梢血と比べると赤血球が大きく(臍帯血:108fL、成人:90fL)、血液も濃い目(ヘモグロビン・ヘマトクリット値がより大きい)

■成人の末梢血中の白血球や造血細胞よりも濃度が高い(白血球は成人の2倍程度の数。また造血細胞は成人の末梢血にはほとんど見られない)

 

⇒つまり臍帯血は多く新生児に流れ込むと、多血傾向がより強まる。

 

日本での臍帯血に関する基準はどうか?

海外では鉄分の補給の観点から、一定の時間を置いてから止めることも多いようですが、日本国内では『ビリルビン血症の危惧』から早期に止めることが推奨されている場合が多いと言います。

 

■臍帯の早期または遅延切断が推奨される背景

【推奨内容】欧米においては蘇生を必要としない新生児では、最低1分以上臍帯切断を遅らせることを推奨する。

【理由】欧米人(予定日出産の場合)では臍帯切断を遅らせることで乳児期早期の鉄貯蓄が改善する(しかし、新生時期の黄疸治療の頻度は高くなる)。一方、日本を含めたアジア人は臍帯切断を遅らせることで黄疸増加と入院の頻度増加が危惧される(人種的に新生児期のビリルビン値が高いため)。

 

⇒結論として、日本国内における早期切断導入の判断は、信頼性のある臨床研究の結果が出るまで保留することになった。

 

最後に

産婦人科のゆいクリニックでは、臍帯切断のタイミングについては、『できるだけ自然に、臍帯拍動が完全に止まるまでは臍帯切断を行わない』という方針で行っていると述べられていました。

 

問題への対策としては、出産後胎盤血流が急激に流れ出ないように、出来る限り素早く赤ちゃんを抱き上げて、血液を流さない、という方針で黄疸を防いでいると述べられていました(黄疸治療の割合は、ゆいクリニックで14.1%(35例/248例)と報告されています)。

  

 

(引用・参考ウェブサイト:ゆいクリニック院長日記/臍帯切断 臍帯結紮のタイミング、ふぃっしゅin the water/医療介入とは66<臍帯をいつ切るかについての医学的議論>)

 

(photoby:pixabay)

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

基礎知識に関する記事

それでも逆子が直らなかった場合の出産方法は?

      それでも逆子が直らなかった場合の出産方法は?   さか...

出産の痛みが怖い!どのくらい痛いの?和らげる方法を知りたい!

お産は日本ではよく「鼻からスイカ」と言われますよね。 「男性だったら耐えら...

基礎知識の体験談

我が子は可愛い?産後初めて対面した時の感想

良く、我が子はブスでも誰よりも可愛いと言われています。我が子に会える(エコーで)事が楽しみで通ってい...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る