カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 全般性不安障害 >
  4. 精神科で処方される薬にはどんな種類がある?~イオンに関わる薬(躁うつ病)

メンタル

精神科で処方される薬にはどんな種類がある?~イオンに関わる薬(躁うつ病)

向精神薬には、大きく分けて5種類の薬(『抗精神病薬』『抗うつ薬』『抗てんかん薬』『抗不安薬』『睡眠薬』)があります。これらの薬が作動させる脳の神経伝達物質はさらに3つに分けられ、『モノアミン(セロトニン/ノルアドレナリン/ドーパミン)・アミノ酸・イオン』があります。

 

仮に、躁うつ病が発症するとすれば、その根本原因に近い順に(遺伝要素)⇒イオン系の異常⇒アミノ酸系の異常⇒モノアミン系の異常、であるという一説があります。つまりは、イオン系に問題のある場合、下流のモノアミン(セロトニン等)のみにアプローチを行っても大きな効果は期待できないというものです。

 

下記では、イオンの調整に関わる薬についての簡略な解説を載せてみました。

 

興奮・鎮静作用のあるイオンに関わる薬

抗てんかん薬=「気分安定薬」とも呼ばれる。躁うつ病治療薬

 

■Ca+やNa+(カルシウムイオンやナトリウムイオン:興奮させる)を抑え、

■Cl-(クロールイオン:鎮静させる)を促進させます。

 

脳が興奮しやすいというのは、神経伝達の経路において、上記2種類のイオンバランスが悪いことが原因となっています。

 

例としては、てんかんでは興奮性のイオンの流入が多いため、痙攣発作が起こります。これを鎮めるために抗てんかん薬を使います(一方、副作用として、中枢(脳の)神経が抑制されるため、眠気やふらつきがあります。またアレルギー反応(重症湿疹・肝障害・血球減少)の可能性があります。

 

代表的な薬

・リーマス

(ミネラルであり気分安定薬。抗てんかん薬の分類には入らない。)

【作用機序】詳細は解明されていない。一説では神経伝達に関わるイノシトールを枯渇させることによるといわれる。

 

【主な効果】単純的な躁状態(古典的な爽快感や多幸感を伴うもの)に効果があるといわれる。

 

・デパケンR

【作用機序】抑制系アミノ酸GABAを不活性化させる酵素を阻害し、間接的に脳神経細胞内の抑制性イオン(Cl-)を促進させ、興奮を鎮める。

 

【主な効果】複雑な躁状態(躁鬱混合や急速交代型のような紛れがあるもの)に効果があると言われる。

 

・ラミクタール

【作用機序】脳神経細胞における興奮性イオン(Ca+)を抑制し、間接的に興奮系アミノ酸を抑制し、鎮静作用を示す。

 

【主な効果】

・少量で大きな抗うつ効果。

・難治性の躁うつ病のうつ状態に有効である可能性。

・器質性幻聴(認知症など)や器質性うつ状態(発達障害など)に有効。

・敏感性(ストレスへの脆弱性)の改善。

・一方、急性の躁症状には効果がない。

 

【その他】中毒疹(スティーブンスジョンソン症候群)の発生率が高い。免疫寛容に問題がある場合は投与に注意。

 

・トピナ

【作用機序】脳の神経伝達において、興奮性イオン(Ca+)を抑制し、抑制性イオン(Cl-)を促進する。

 

【主な効果】

・過食・器質的妄想に非常に有効なケースがある。

・敏感さへの感度を下げ社会適応を改善する(認知機能低下を伴う場合もある)。

・また衝動性・軽度のうつ・幻覚・身体症状の改善など。

・悪化のケースではうつが酷くなる場合がある。

 

【その他】扱いが非常に難しく(相性や量の調整)、悪化率が高い。てんかん患者への精神症状悪化率は約40%程度と言われる。

 

最後に

上記において特に注意が必要な副作用は、『中毒疹と肝障害』です。中毒疹は、アレルギー疾患の因子を持っている場合や最初から大量投与をした場合に起こりやすいため、処方の前には十分主治医と話し合うことが必要です。

 

(引用・参考ウェブサイト:kyupinの日記)

(photoby:pixabay

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

全般性不安障害に関する記事

精神科で処方される薬にはどんな種類がある?~ドーパミンに関わる薬(躁うつ病)

向精神薬には、大きく分けて5種類の薬(『抗精神病薬』『抗うつ薬』『抗てんかん薬...

疼痛治療薬『リリカ』の抗てんかん薬としての効果とは?

抗てんかん薬とは、脳の神経細胞が過剰に放電するのを抑制するという薬ですが、適応...


どうしてもやめられない…「強迫性神経症」発症の原因はどこにある?

意味はないけどやめられないことはありませんか? そんな行動があるからすぐ病気!...

こころの病…全般性不安障害!理由もなく不安が長続きする…

こころの病はなかなか他人からは理解されにくい病気ですが、近年の研究によってこ...

カラダノートひろば

全般性不安障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る