カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ママの悩み >
  4. 育児 >
  5. 育児のコツ >
  6. 私の夫はイクメンじゃない!?夫に気持ちよく育児や家事を手伝ってもらうための方法

育児・子供の病気

私の夫はイクメンじゃない!?夫に気持ちよく育児や家事を手伝ってもらうための方法

世間で”イクメン”という言葉が聞かれるようになり「自分の夫も積極的に育児に取り組んで、子育てを楽しんでくれるかな」と期待するお母さんたちもいるかもしれません。

しかし、いざ出産して子育てが始まると夫が何も手伝ってくれないという場合も少なくありません。一体何が原因で、どういった方法で対処すればいいのでしょうか。

 

育ってきた環境が影響することも

例えば、夫の実父が「男は家事をしないもの」という世代の人ならば、夫はそれに慣れて育ってきていますから、自分も家事には手を出さないという感覚になっているかもしれません。

それに加えて、例えば妻の実父が育児に積極的に参加してきたタイプであったとすると、妻はそんな実父を見て育ってきていますから、夫婦の子育てに対する価値観の違いが大きくなることは必然です。

 

仕事から帰って、家事までやるのは無理…?

大半の男性は日中外で仕事をして帰ってきます。家に帰ってからは休みモードになる夫の場合、家のことは妻がやってくれているという感覚を持っている人が多いかもしれません。


しかし、育児中のお母さんも同じく日中は掃除・洗濯・食事の準備を行いますし、その合間に授乳やオムツ替えをし、それが夜中まで続く場合もあります。特に産後間もないと、家で休みモードになることはなかなか難しいです。

 

まずは育児の大変さを知ってもらおう

では、そんな日々の様子を夫はどのくらい知っているでしょうか。そして妻はどの程度話をしているでしょうか。
日中の家の様子を知らない夫からすると、家事や育児の大変さはなかなか理解し難いものです。

そんな夫に、突然「なんで家事を手伝ってくれないの?!」と言っても、戸惑ってしまうことでしょう。

 

できるだけ具体的に伝えよう

まずは、昼間の様子をできるだけ具体的に夫に伝えることが大切です。何が大変なのか、ある程度分かってもらったところで、何なら手伝ってもらえるのか、更に具体的に仕事の分担内容を決めましょう。

 

手伝ってもらっても当たり前にしない!

育児や家事の大変なことを分かってもらえたところで、すぐに手伝ってもらえるかというと、なかなか妻の期待している通りにはいかないかもしれません。

それでも、一つ何かを手伝ってくれた時には、それを当たり前にしない妻の態度も大切です。

 

妻は自分の心の余裕がある時だけでも、夫のやる気を引き出すために、「助かってるよ、ありがとう」と言葉をかけてみてはどうでしょうか。

 

(Photo by:足成

著者: hanasuzumeさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

育児のコツに関する記事

きょうだい構成別!お姉ちゃんと弟の場合 姉と弟がなりやすい性格と育て方とは?

お姉ちゃんが小さい弟の手を引いて歩いているのを見ると、とてもほほえましい気持ち...

同性きょうだいを育てるママへ 姉+妹の姉妹を育てるママが知っておきたいコト

お子さんをお持ちのママで、男の子も女の子もいるという家庭はバランスが取れていて...

育児のコツの体験談

生後10日目ごろ・・・反り繰り返りが気になる

入院時から気になっていましたが、息子は私が抱くと、身をよじって落ちそうになりました。それはだんだん派...

子育てに向いてないと思うママがちょっとラクになった言葉

私は子育てに向いてない性格だとつくづく思います。 というのも、いまの悩みが、 ※在宅で仕事してて...

カラダノートひろば

育児のコツの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る