カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 多胎(双子) >
  4. 胎児の数を減らす減数手術…どんな手術?減らした子どもはどうなる?

妊娠・出産

胎児の数を減らす減数手術…どんな手術?減らした子どもはどうなる?

人間は原則1回の妊娠に1人の赤ちゃんを妊娠します。

そのため、双子や三つ子といった多胎妊娠の状態というのは、普通ではない状態と言えるのです。

そのためママにも赤ちゃんにも、妊娠や出産に際して色々なトラブルが発生しやすくなります。

 

赤ちゃんを減らす?多胎妊娠の「減数手術」って?

減数手術あるいは、減胎手術というのは聞いたことがない人の方が多いかもしれません。

数を減らす、胎(児)を減らすと書くように、減数手術というのは、多胎妊娠をしたママに対する手術で、胎児の数を減らすというものです。

 

なぜせっかく授かった赤ちゃんを減らすのかというと、冒頭に書いたように多胎妊娠には、ママにも赤ちゃんにもトラスブルが起きやすく、リスクの高い妊娠出産であるためです。

 

 

減数手術ってどんな人がするの?

2人を妊娠したのなら、もちろん2人とも出産したいでしょうが、そうもいかない場合に減数手術が行われます。

具体的に減数手術の対象となりえるのは、以下のようなケースがあります。

 

・多胎妊娠、出産が母子双方に危険を及ぼす可能性がある場合

・すでに子どもがおり、多胎の養育が母体に悪影響を与える場合

・胎児診断の結果、親の意向を尊重する場合

 

 

減数手術について

具体的に減数手術はどのように行われるのでしょうか?

 

減数手術の実施

減数手術は胎児がお腹の中にいる状態で手術を行います。

手術の方法は様々あるようですが、一般的な方法としては、減胎する胎児の心臓に塩化カリウムを注入し、心停止に至らせるという方法です。

 

残す胎児の数

3人以上を妊娠している場合、母体が妊娠、出産・育児に耐えられる場合は2人を残します。

ただ、双子を妊娠している場合や3人以上を妊娠していても、妊娠出産に影響する持病があったり、生んだ後の育児が困難な場合には、1人を残すということもできるようです。

 

心停止した胎児はどうなるの?

心臓を停止した胎児は基本的に母体に吸収されます。

もし吸収されずに残ったとしても、出産の際に卵膜と共に体外に排出されてしまいます。

 

 

法的な位置づけが不明確な減数手術

日本において多胎妊娠がそこまで多くなかったということもあるのかもしれませんが、減数手術に関しては法的な位置づけというのが、明確ではありません。

そのため各病院でガイドラインを定めていたりもしますので、そういった点はしっかりと見極めたいところです。

 

(Photo by:pixabay

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

多胎(双子)に関する記事

双子妊娠したい・した方へ~双子妊娠の確率上げる方法・双子で気をつけたいこと

  意図的に双子を授かるということはできるでしょうか? そもそも子どもは授か...

双子の妊娠確立は80分の1!日本で双子妊娠が増えてる理由

  多胎妊娠ってどれくらいの確率で起きるのか、知っていますか? お腹の中に2人...

多胎(双子)の体験談

あれ?全然体重減らない!産後の私のおなかの様子

結局出産前には全部で14キロ増加しました。娘のときは12キロだったので双子だったことを考えるとまぁ優...

双子を妊娠32週で出産。未熟児、どうなる!?

私は28週で切迫早産と診断され、寝たきり入院生活に入りました。そして33週になろうかというところで急...

カラダノートひろば

多胎(双子)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る