カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 多胎(双子) >
  4. 双子妊娠の場合、産休は長くとれる!気になる産休期間と給料の問題

妊娠・出産

双子妊娠の場合、産休は長くとれる!気になる産休期間と給料の問題

昔と違い、今は仕事を続けながら出産をするという人も増えているようです。

会社によって決められているルールなどは多少違うと思いますが、それでも出産に対するお休みの制度などは保障されています。

 

双子出産の産休ってどう違うの?

妊婦さんに法律で認められているお休みが産休です。

産休は出産予定日を中心として、産前と産後それぞれのお休みのことを指します。

この産休ですが、妊娠や出産というイベントそのものが母体に大きな負担がかかるために定められているものです。

 

ここで問題なのが「双子の場合はどうなのか?」ということです。

当然1人を妊娠出産するよりも、2人や3人を同時に妊娠出産することのほうがよりトラブルが起こりやすく、母体に負担がかかるのです。

 

そのため、人などの多胎妊娠の場合は、

・産前は予定日から14週間(1人の場合は6週間)

産後は分娩の翌日から8週間(こちらは1人の場合と同様)

の休業期間を定めています。

 

多胎妊娠の場合、妊娠後期になると管理入院になることも多くありますから、単胎の場合よりも長い休業が認められています。

ちなみに産前休暇は会社に請求することで必ず与えられるものです。

 

一方、産後休暇は請求の必要はなく、また本人の意思とは関係なく、少なくとも産後6週までは絶対に休暇をとらなければいけません。

 

産休中の給料は?

育児休業の場合、給料の何%かが支給されることもありますが、産休の場合はこれと言った取り決めがありません。

会社によってこの部分のルールは違ってきますが、多くの会社では産休中の給料は支払われないケースが多いようです。

 

無休分を補う出産手当金

産休中に給料が出ない分を補えるのが出産手当金です。

健康保険組合や共済組合などから支給されるお金で、産休の期間中、「1日あたり標準報酬日額の2/3に相当する額」が支給されます。

要するに産休中は、毎月のお給料の2/3程度がもらえるということです。

 

あなたのケースをよく確認して

上記の出産手当金は国民健康保険では支給されません。

さらに、例えば会社が産休中の給料を出してくれている場合、それが給料の2/3に届いていない場合は差額分だけ、2/3を超過している場合は手当金は支給されません。

いずれにせよ会社の総務などで、事前にしっかりと確認して納得した金額を受け取ってください。

(Photo by:pixabay

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-13掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

多胎(双子)に関する記事

双子妊娠はリスクばかり?双子妊娠・出産のメリット♪

双子を妊娠したら、多胎妊娠についてよく知らない人からは「楽しみね」などと言わ...

双子を妊娠しているママにつきまとう「妊娠中の7つのリスク」

双子を妊娠したとなると楽しい部分もありますが、一般的に多く言われるのはそのリス...

多胎(双子)の体験談

あれ?全然体重減らない!産後の私のおなかの様子

結局出産前には全部で14キロ増加しました。娘のときは12キロだったので双子だったことを考えるとまぁ優...

双子を妊娠32週で出産。未熟児、どうなる!?

私は28週で切迫早産と診断され、寝たきり入院生活に入りました。そして33週になろうかというところで急...

カラダノートひろば

多胎(双子)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る