カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 多胎(双子) >
  4. 双子を出産するのは1人よりもお金がかかる?1人の場合との違い

妊娠・出産

双子を出産するのは1人よりもお金がかかる?1人の場合との違い

双子を出産するというのは、ワクワクする気持ちもありつつ、金銭的な心配があるのも事実ですよね。

お産は保険が適用されないことから、それが双子となったらどうしてもお金がかかるというイメージがあるのではないでしょうか?

 

分娩費用は1人よりも多い?

例えば赤ちゃん1人を分娩するという場合、いくらかかるでしょうか?

 

全ての場合、病院で金額が同じというわけではありませんが、自然分娩で1人の赤ちゃんを出産した場合、だいたい3040万円かかると考えられます。

ですので、これをすべて自腹で支払わなければいけないということになります。

 

ではこれが双子となるとどうなるでしょうか?

どんなお産になるかによっても、病院によっても変わってきますが、1人を出産するときよりも高くなり、4080万くらいになるでしょう。

双子だからと言って単純に2倍かかるということでもありません。

 

これを全て自腹でというと大変ですが、これはほとんど自己負担なく行うことができます。

 

→出産育児一時金が42万×2人分

健康保険に加入していたり、その被扶養者になっていたりする場合にもらえるのが出産育児一時金で、それが赤ちゃん1人あたり42万円もらえます。

そうなると出産にかかる費用はまかなえますよね。

 

でももし、帝王切開になったら?

双子などの場合、切迫流産や、胎児の体位の状態などによって、帝王切開での出産が必要になる可能性が高くなります。

帝王切開というと金額が高くなりそうな気がするかもしれませんが、こうなると健康保険が適用できます。

 

その上、高額療養費の対象となりますので、1月にかかった入院費用、治療費、帝王切開手術の費用と言った医療費のうち、自己負担をするのは約8万円までとなります。

 

女性用の保険に入っておくのもよい

切迫流産や帝王切開で出産となると、民間の医療保険でも給付金の対象となります。

そのため、女性用の保険などに入っておけば、いくらか給付金を受け取れる可能性が出てきます。

 

出産だけでもかなりお金がかかる

ここでは出産だけについて書いていますが、それだけでもかなり大きな金額がかかります。

 

出産育児一時金や保険の給付金があるからまだ良いですが、出産した後もまたお金がかかってきます(双子用のベビー用品など)から、上手にやりくりしていく必要があるでしょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

多胎(双子)に関する記事

明日も仕事なのに子どもが熱を出した!ママを助ける育児サービス

子どもが小さいときは、熱を出したり、保育園でウイルスをもらってきたりと、体調を...

「高齢」でしかも「多胎」妊娠!増える妊娠出産に関するリスクとは?

双子を妊娠する人というのは、比較的高齢な人が多いということを知っているでしょう...

多胎(双子)の体験談

あれ?全然体重減らない!産後の私のおなかの様子

結局出産前には全部で14キロ増加しました。娘のときは12キロだったので双子だったことを考えるとまぁ優...

双子を妊娠32週で出産。未熟児、どうなる!?

私は28週で切迫早産と診断され、寝たきり入院生活に入りました。そして33週になろうかというところで急...

カラダノートひろば

多胎(双子)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る