カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 不正出血 >
  4. 子宮からの不正出血!考えられる5つの子宮の病気とは?

女性のカラダの悩み

子宮からの不正出血!考えられる5つの子宮の病気とは?

不正出血の原因の割合から考えると、病気が原因で起こるというのはなかなか少ないものです。

しかし、中には不正出血を見逃さなかったからこそ、病気を発見できたという人もいます。

 

子宮からの出血で起こる不正出血

出血が起こるといっても、その出血場所にもいろいろとあります。

不正出血が起こる場所で最も多いのは子宮と言ってもよいかもしれません。

 

では、その子宮から起こる不正出血では、どんな病気が原因として考えられるのでしょうか?

 

1.子宮頸管炎

子宮頸管(子宮の入り口)という部分がクラミジア、大腸菌、ブドウ球菌などに感染して炎症が起こします。

下腹部痛、微熱、腹痛が起こり、放置してしまうと子宮内膜炎や骨盤腹膜炎が続発することがあります。

不正出血が起こるということはある程度病気が進行しているということです。

 

2.子宮頸管ポリープ

子宮頸管に良性の腫瘍(ポリープ)ができます。

おりものが増える、茶褐色に変化する、性交や激しいスポーツ・排便時に少量出血するなどの症状が見られます。

 

3.子宮内膜炎

大腸菌、ブドウ球菌、淋菌、クラミジアなどに感染して、子宮内膜が炎症を起こします。

おりものが増える、下腹部に鈍い痛みがあるといった症状が見られます。

炎症が広がってくると不正出血や、膿性のおりもの、吐き気、下痢、排便痛といった症状が見られます。

 

4.子宮筋腫

子宮にできる良性腫瘍が子宮筋腫です。

子宮が大きくなってくると、生理痛が強くなる、経血量の増加、月経期間の長期化、不正出血がみられます。

それに伴って貧血、めまい、立ちくらみ、頻尿、排尿や排便時痛、腰痛といった症状が見られます。

 

5.子宮がん

子宮がんには、子宮頸がん子宮体がんがあります。

子宮頸がんはヒトパピローマウイルスに感染することが原因で、子宮体がんは子宮内膜の細胞が悪性腫瘍に変化することで起こります。

 

子宮頸がんは初期症状がほとんどなく、進行していくとおりものが増える、茶色がかる、月経期間の長期化、不正出血、性交時出血などが症状として見られます。

 

また、子宮体がんの場合、初期症状として不正出血が多く見られ、その他おりものが茶色になったり、経血やおりものの量が増えたりします。

 

不正出血自体は珍しい症状ではないが…

不正出血自体はこうした病気がなくても起こりうる現象ですが、まれにこうした病気が隠れています。

読むと分かる通り、不正出血が病気発見のための重要な症状になる病気もありますので、出血がみられたときには産婦人科を受診した方が良いでしょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

不正出血に関する記事

また不正出血?婦人科にかかる前にしておくべきこと

一度不正出血があっただけでは「たまたまかな?」と思っても、何度か生理のとき以...

不正出血なの!?セックスのあとの気になる出血

不正出血は、誰でも不安なものです。 とくに、性行為のあとに出血があると「妊娠...


ダラダラ生理が続くのは危険?!こんな生理だったら排卵がきていないかも

正常な月経期間は3〜7日間です。 生理が10日続く場合でも、前後に少ない量...

子宮内膜から出血!?不正出血に多い機能性出血とは

  不正出血の原因として最も多い1つがこの機能性出血です。     どん...

カラダノートひろば

不正出血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る