カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 多胎(双子) >
  4. 卵巣からの出血は貴重なサイン!この病気が原因かも?

妊娠・出産

卵巣からの出血は貴重なサイン!この病気が原因かも?

卵巣は赤ちゃんの元をつくる場所ですから、非常に重要な場所です。

しかし、卵巣は比較的腫瘍ができやすいという特徴も持っており、気をつけなければいけません。

ここでは、卵巣から出血した場合に考えられる病気の原因についてご紹介します。

卵巣からの出血は貴重なサインですから、見逃さないようにしたいですね。

 

卵巣から出血!その原因は?

月経があるように女性器から出血することというのは、そう珍しいことではありません。

ですが、もちろん、病気が原因で出血するということもあります。

では卵巣から出血するという場合、どんな病気が原因で出血が起きるのでしょうか?

 

・卵巣炎

卵巣炎というのは単体で起こるよりも、卵管が炎症を起こして続発的に起こる病気です。

そもそも卵管が細菌に対する抵抗力が非常に弱い場所ですので、そこからの炎症が広がりやすいのです。

卵巣炎が起こると下腹部痛、高熱が見られ、炎症が進行すると不正出血、吐き気、嘔吐、おりものの増加などの症状が見られます。

 

・卵巣嚢腫

卵巣という場所は腫瘍のできやすい臓器で、腫瘍の様子によって種類が変わってきます。

卵巣嚢腫が起こると膨満感、腰痛などが見られ、進行して腫瘍が大きくなっていくと便秘、頻尿、不正出血などが見られるようになっていきます。

 

・卵巣がん

卵巣がんというのは、初期症状がとても少なく、発見したときには進行した後ということが多い病気です。

早い段階ではお腹の張り、ウエストサイズが大きくなるといった症状があり、進行して卵巣の機能が低下していくと月経不順、不正出血、男性化などと言った特徴的な症状が見られるようになっていきます。

 

ただ、卵巣は左右に2つあるものですので、どちらかががんに侵されても、もうひとつの卵巣が機能を補ってしまって症状が出にくいということもあります。

 

卵巣の不調は気づきにくい

卵巣がんの発見が難しいことから分かるように、卵巣というのは不調があってもなかなか自分では気づきにくいという特徴があります。

 

さらに、片方の卵巣に不調が起こってももう片方の卵巣がその機能を補ってしまうので、卵巣機能の低下を感じにくいのです。

その中で不正出血などの症状は非常に大きな卵巣からのサインです。

それに気づいてあげられるかどうかで、治療の選択肢も変わってきますから、おかしいなと思ったらすぐに病院に行きましょう。 

 

(Photo by:pixabay )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

多胎(双子)に関する記事

双子妊娠はリスクばかり?双子妊娠・出産のメリット♪

双子を妊娠したら、多胎妊娠についてよく知らない人からは「楽しみね」などと言わ...

双子を妊娠しているママにつきまとう「妊娠中の7つのリスク」

双子を妊娠したとなると楽しい部分もありますが、一般的に多く言われるのはそのリス...

多胎(双子)の体験談

あれ?全然体重減らない!産後の私のおなかの様子

結局出産前には全部で14キロ増加しました。娘のときは12キロだったので双子だったことを考えるとまぁ優...

双子を妊娠32週で出産。未熟児、どうなる!?

私は28週で切迫早産と診断され、寝たきり入院生活に入りました。そして33週になろうかというところで急...

カラダノートひろば

多胎(双子)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る