カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. その他 >
  5. 女性のホルモンバランスの乱れとは?産後のつらさを夫にうまく伝える方法

妊娠・出産

女性のホルモンバランスの乱れとは?産後のつらさを夫にうまく伝える方法

産後の体と心の悩みは、出産経験がある人ならば誰でも経験があることでしょう。

出産前よりも情緒不安定になった、ストレスを感じやすくなったという心の変化は、ホルモンバランスの乱れによるものであると科学的にも証明されています。

こういった女性特有の悩みを、夫に理解してもらうにはどうすればいいのでしょうか。

 

ホルモンバランスとは?産後の体に何が起こっているのか

女性ホルモンは、体を健康に保つために大切な働きをしています。

女性の体は「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2種類のホルモンが大きく関わっています。

「エストロゲン」は、月経から排卵が起こるまでの間に分泌され、「プロゲステロン」は排卵してから次の月経が起こるまでの間に分泌されます。

 

産後のお母さんの体の中では、これらのホルモンの分泌が急におさえられます。

その代わりに、母乳の分泌を促すホルモンが増えてきます。赤ちゃんが生まれたことで、子どもを育てるための体へと変化するのです。

このようなホルモンバランスの急な変化に、体がすぐに対応できず、様々な不調が出てくるのです。 

 

理解してもらうのは無理?大切なのは具体的にお願いすること

体のことですから、何がつらいのかを一から十まで分かってもらうことは大変困難です。

そうなると、困った状況を察してもらうことを待つよりも、具体的に何をしてほしいのか明確に伝えて動いてもらうことの方が大切です。

 

例えば、オムツを変えてほしい、抱っこを代わってほしい、ミルクを作ってほしいなど、自分ができない時には明確な指示をしてみましょう。 

 

第三者の意見を交えて話す

産後の妻が、理解してほしいことを自分で伝えることはもちろん大切です。しかし、そんな余裕が無い時もあれば、口にしたところで感情的になってしまったり、言い方が極端になったりしてしまうかもしれません。

 

そんな時は、出産経験のある実母や、義母に相談してみてはいかがでしょうか。

そして、出来ることならば、彼女たちから直接夫へアドバイスしてもらい、夫に聞く耳を持ってもらいましょう。

 

 

ホルモンバランスの乱れは少しずつ回復していきます。

今はこんな時期なんだと割り切ることも大切ですが、どうしても疲れてしまった時は、相談できる家族や友人を頼ってうまく自分の心の変化に付き合っていきましょう。

 

(Photo by:足成

著者: hanasuzumeさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

産後、夫に家事を手伝ってほしい…どうしたらスムーズに手伝ってくれる?大切なのは○○すること!?

つらい産後のお母さんと赤ちゃんを支えてくれるのは、一番近くにいる旦那さんという...

施設だけではない?産後サポートサービスの種類とは

            出産をしても1週間ほどで退院していくお母さんたち。自宅...

その他の体験談

許せない! 出産後の夫の行動・発言

産後2か月半が経ちました。 娘の授乳間隔も伸び、夜間の授乳は1度に。 まとめて睡眠がとれるように...

パパ大奮闘の産後生活

生まれてくるわが子と片時も離れたくないパパの希望もあって、一人目出産時は産前産後の里帰りをせず、自宅...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る