カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 事故予防・安全 >
  4. 室内 >
  5. 気をつけて!ハイハイ時期の安全対策 子どもの危険な行動を未然に防ごう!

育児・子供の病気

気をつけて!ハイハイ時期の安全対策 子どもの危険な行動を未然に防ごう!

赤ちゃんがハイハイするようになると、ねんねの頃に比べて行動範囲がかなり広がります。そしてそれだけお家の中での危険が多くなります。

この記事ではハイハイを始めた頃の赤ちゃんのためにしてあげたいお家での安全対策についてまとめてみました。

 

危険がいっぱい!キッチンの安全対策

ポットや炊飯器に注意

近年はオール電化住宅なども増え、IHヒーターはガスコンロよりは安全な作りになっていたりしますが、ポットや炊飯器など熱を発する電化製品が多くキッチンは危険な場所です。

ポットや炊飯器などは赤ちゃんがコードを引っ張って落としてしまわないよう上のコンセントを使いましょう。

そして蒸気などでやけどをしないよう手の届かないところに置きましょう。

 

・シンク、冷蔵庫の扉に注意

シンクの扉や冷蔵庫の扉も調味料や包丁が入っていて危ないので開かないようロックしましょう。

市販のロック用品(赤ちゃん用品やペット用品コーナーにあります)や、観音開きタイプならS字フックも利用できます。

設置できるならキッチンの入り口にゲートを設置して赤ちゃんの侵入を防いでしまうのも手です。

 

一日を過ごすリビングの安全対策

家族が過ごす時間が長いリビングにはそれだけ危険もいっぱい。

 

・小銭、タバコの吸殻、ヘアピンの置きっぱなしはNG

ローテーブルの上に小銭やタバコの吸殻を置きっぱなしにしないようにしましょう。
誤飲してしまう可能性があります。

リビングにはヘアピンなども決して置かないようにしましょう。
誤飲したりコンセントに差し込んだりして大変危険です。

 

・テーブルの角は危険!

また、テーブルの角が鋭利な場合はカバーをつけて怪我を防ぐようにしましょう。
コンセントで遊ばないようコンセントカバーをつけるというのも手です。

 

その他の対策

・部屋の扉の開けっ放しはNG

お洗濯用に残しておいた浴槽のお湯に赤ちゃんが落ちてしまう、便器に手を突っ込むなどが考えられるので、浴室やトイレの扉は開けっ放しにしないようにしましょう。

 

・階段には柵をつけて

また、戸建住宅ですと階段から転げ落ちるという事故も考えられます。
階段の上下に柵をつければ安心ですね。

外す手間はありますがm突っ張り棚でも代用できます。

 

また、うっかりドアに指をはさむことがないよう、家でドアを開閉する際は赤ちゃんがハイハイで後追いしてきていないか、よく確認しましょう。

 

動き始めた赤ちゃんの安全対策、基本は「手の届くところに危ないものを置かない」「入らない、開けられないように工夫する」ということです。

市販の対策グッズがホームセンターや赤ちゃん用品店でいろいろと売られていますので、できればハイハイが始まる前に安全対策しておきましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

室内に関する記事

高所平気症はなにが危険?4歳までに治すべき、高所平気症とその治し方

マンションの高層階に住んでいるというお子さんは、高所「平気」症ではありません...

危険がたくさん!?乳児のハイハイ時期に気をつけたい3つのポイント

  ついこの間寝返りができるようになった、と思ったら、もうはいはいできるの!?...

室内の体験談

4ヶ月で寝返りはじめ、ベッドから転落‼︎

あれは4ヶ月を過ぎた頃でした。少し前からうつ伏せをよくするようになり、まだそんなに動けないのに「フン...

赤ちゃんと犬との生活

我が家には2匹のチワワがいます。長男とわんこ達の過ごし方にとお互いのスペースについて。試行錯誤しまし...

カラダノートひろば

室内の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る