カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 環境 >
  5. 妊婦の夏は暑くてツライ…でも冷えは大敵!夏でも靴下は必要?冷え対策ご紹介

妊娠・出産

妊婦の夏は暑くてツライ…でも冷えは大敵!夏でも靴下は必要?冷え対策ご紹介

秋や冬に出産をひかえる妊婦さんにとって、夏の過ごし方はひとつの大きな山と言えるでしょう。

というのも、妊婦はお腹に大きな湯たんぽを抱えて生活をしているようなもの。

夏は人一倍暑さを感じることでしょう。

 

しかし、そうは言っても胎児のためにも身体を冷やすことはご法度です。

夏であれども、身体を冷やさないために靴下、ストッキング、タイツなどを着用するのが常識とされています。

 

ここでは、夏の靴下類の着用の有無や、選び方についてお話しします。

また、妊娠中の冷え対策についても見ていきましょう!

 

妊娠中、暑くても靴下は着用しよう

やはり、妊娠中は夏であっても靴下を着用するのが望ましいです。

妊娠中の冷えがママに与える影響は、以下のようなことがあげられます。

 

・妊娠初期はつわりがひどくなる

・お腹が張りやすくなる

・腰痛や便秘になりやすくなる

・足がむくむ、足がつりやすくなる

・産後の母乳の出が悪くなる

 

このように、妊娠中はホルモンバランスが崩れがちになり、身体が冷えやすくなることを考えると、靴下類の着用は効果的といえるでしょう。

 

暑さに耐えられない時におすすめの方法

身体を冷やさないように、とはいっても真夏は暑くて暑くてたまらないでしょう。

これを我慢し続けてストレスが溜まってしまうのもよくありません。

 

どうしても暑さに耐えられないときの対策としては、以下の方法がお勧めです。

 

・靴下の代わりにレッグウォーマーを使用する

実は冷やさないほうがいい部分は、首、手首、足首などの「首」の部分だと言われています。

 

靴下を履き続けると足の裏の汗も気になるでしょうし、レッグウォーマーで代用するのも有りです。

 

・下半身はあたためて、上半身は涼しくする

下半身は靴下や毛布などで上手にあたためて、上半身はエアコンの温度を少し下げて涼しさを保つのもいいでしょう。

この際、エアコンの温度の下げすぎに注意してくださいね。

 

冷えとり靴下のススメ!

また、夏場の少し冷えた室内では「冷え取り靴下」が、妊婦の方におすすめです。

 

冷え取り靴下とは、靴下を重ねて履いて汗をかいて、毒素を排出しやすくする健康靴下です。

毒素排出をしやすくするシルクの靴下と、吸収発汗のためのコットンの靴下を交互にはくことで、効果が高まります。

 

冷え取り靴下は、基本的には4足重ね履きの靴下です。

1. シルク(絹)の5本指ソックス

2. コットン(綿)の5本指ソックス

3. シルクの靴下

4. コットンの靴下 の順で履きます。

 

じんわり温めてくれます!

正直履いた瞬間は暑いです。

足の下からじんわりと身体全体が温まっていくのを感じるでしょう。

しかし、靴下のなかは蒸れずに、いつまでも、履いたときのようなサラサラな肌心地が保たれます。

 

普段の重ね履きより快適!

さらに、普段の靴下の重ね履きよりも快適です。

しばらくしてから冷えとり靴下を脱いでみてもサラサラで、ベタベタ感はあまり感じないでしょう。

 

靴下による汗でのベタ付きが不快に感じる方は、健康的な「冷え取り靴下」も使ってみましょう。

 

妊婦さんに冷えは大敵!夏でも靴下を履こう

妊婦にとって、「冷え」は大敵です。

ですので、夏場でも靴下類の着用はできるかぎり続けましょう。

 

しかし、上記の方法を試してみたり、産婦人科の先生に相談するなどして暑い夏をストレスなく乗り越えるのも、妊婦さんにとってはとても大切なことになります。 

 

妊婦の夏の冷え対策は足・首・お腹が重要!ぴったりなファッションアイテム

夏の冷え対策にオフィスでひざかけなどを愛用している方も多いかもしれません。

夏の冷えを予防するためにぴったりなファッションアイテムと、使い方のポイントをいくつか紹介します。

 

下半身の冷えには靴下

冷え性といえば、下半身に特に注意が必要です。

というのも、体の半分にあたる下半身はもともと血液・水分が溜まりやすく循環が悪いので冷えやすいのです。

夏でも、朝起きた時に太ももやふくらはぎを触ってみるとひやっとする方は、夏の冷え性になっている可能性があります。

 

そんな下半身の冷えを解消するためのファッショングッズが、靴下です。

真夏でも部屋の中では裸足で過ごさずに、靴下を1枚履きましょう。

足首をカバーできる靴下がベストです。

足の冷えない靴下など機能靴下も販売されていますのでチェックしてみてください

 

首を温めるストール

次に、冷え性の方が特に温めたい部位は首です。

寒い冬でも首を温めるだけで体感温度は変わると言われています。

 

夏の冷えの場合は、マフラーのような厚い素材ではあせもが出来てしまうので、薄手で長めのストールをおすすめします。

少し温かいなと思ったら首からナチュラルに垂らし、寒いと感じた時はぐるぐる巻きにして使いましょう。

 

腹巻は夏も有効

東洋医学で、冷え性の時に温めるべき3つの場所は前述の足、首、そして最後にお腹となっています。

特に若い女性の場合はこれから妊娠・出産を控えることになるケースも多いので、お腹は冷やさないようにしましょう。

お腹を温める腹巻はオシャレなものも多いですし、夏向け・洋服に響かないものもありますので是非オフィスには腹巻をしていってください。

 

夏冷えを予防するためには足首、お腹、首の3点を温めることを意識してください。

また、デパートなどに行くときは出来れば素足は避けておいた方がよいです。

 

(Photo by:pixabay

著者: zereさん

本記事は、2016-07-25掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

環境に関する記事

妊婦さんの夏バテ予防!3つのポイントとおすすめ入浴剤☆

夏の暑さは、ストレスや疲れなどの夏バテを引き起こします。 もちろん妊婦さん...

お腹の赤ちゃんと一緒に乗り切ろう!妊婦の夏バテ対処法

初めての妊婦さんも、すでに経験済みの妊婦さんも、つわりがあると思うようにものが...

環境の体験談

引越しは産前?産後?お腹が大きくなる前がベスト?!

私たちは妊娠を機に引っ越しをしました。 というのも、当時住んでいたアパートは上の階にお子さんが住ん...

プチ一軒家!メゾネットへ引っ越し!!

(写真は新居の庭にペットを出してあげた時のものです、メゾネット感なくてごめんなさい。) 私たち...

カラダノートひろば

環境の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る