カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 食事 >
  5. 夏のダイエットで要注意!"栄養失調太り"とは?夏のダイエットで絶対やってはいけないこと

美容・ダイエット

夏のダイエットで要注意!"栄養失調太り"とは?夏のダイエットで絶対やってはいけないこと

  

栄養失調は、やせている人に多く、「栄養失調=やせている」というイメージを持たれている方がほとんどかと思います。

しかし、みなさんは「栄養失調太り」という言葉を耳にしたことはありませんか?

 

栄養失調で太ってしまう、というのは少しおかしな話にも聞こえますが、実際そのようなことが夏になると起きてしまうのです。

少ししか食べていないはずなのに太ってしまったという経験がある方はいませんか? それが、栄養失調太りです。

ここでは、そんな夏の栄養失調太りに関しての話をしていきましょう。

 

栄養失調太りのしくみ

「やせる」ということは体内の脂肪を燃焼させていることになります。体内の脂肪が燃焼されなければ当然太ります。

夏場は口あたりがいいからといって、冷たいものや高カロリーの炭水化物(麺類など)を食べる機会が増えてはいませんか?

冷たいものを多く摂取すればそれだけ身体も冷え、体内の脂肪が燃焼されにくくなります。

体内の脂肪が燃焼されにくい環境になれば少量の食事でも太りやすくなってしまいます。

これが栄養失調太りのしくみになります。

少量しか食べていないので栄養も足りません、しかし体内の脂肪が燃焼されにくいので、太ってしまいます。

 

栄養失調太り解消法は!?

 夏場は確かに冷たいものが欲しくなります。

しかし、口あたりのよさから冷たいものばかり食していると栄養失調太りを招くので、やはりバランスのとれた食事が最も大切になります。

 

単純な栄養素をみてのバランスだけではなく、体内を冷やしすぎないためのバランスも重要です。

そのためには、身体を温める汁物を取り入れたり、生姜などの体を温めるものを取り入れて、汗をかくような食事をしましょう。

 

 夏に効果アリ♪なダイエット方法

夏場のダイエット法でやってはいけないのは、「冷たいものを少量しか食べない」ことです。栄養失調太りになりかねません。

 

夏場こそバランス良く「食べる」ダイエットをこころがけましょう。

「食べるダイエット」のポイントは以下のとおりです。

 

・ビタミンB1、B2を取りましょう

炭水化物をエネルギーにかえるためにはビタミンB1、B2が必要になります。これが無ければ炭水化物は脂肪や乳酸になってしまいます。

ビタミンB1、B2が多く含まれる食材は、豚肉(特にモモ肉、ひれ肉)、レバー、枝豆、納豆、豆腐、玄米、うなぎ、いわし、ゆずなどです。

 

・満腹感のあるタンパク質を取りましょう

タンパク質は、栄養価が高いだけでなく、少量でも満腹感を満たしてくれます。タンパク質が多く含まれる食材は、肉、魚です。

 

・炭水化物を0にするのはやめましょう

炭水化物のみの食事はよくはありませんが、炭水化物を抜くと身体を動かすエネルギー源がなくなるので絶対にやめましょう。

 

夏場、もしくは夏にむけてダイエットをする方も多いと思います。

夏場は汗もかきやすく、代謝も良くなるので、この季節はバランスの取れた食生活をこころがけるだけで、よいダイエットができるでしょう。

 

間違っても栄養失調太りを招いてしまう「冷たい炭水化物のみを少量食べる」というダイエットの仕方はやめましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: zereさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

食事に関する記事

食事を切り替えてダイエット!中性脂肪をためないコツとは?

女性は日ごろから、ダイエットを意識して生活しているひとが多いですよね。 健康維...

肥満にならないために!早食いはいいことなし?!

仕事の合間のランチなど、いそがしくて時間がないと、急いで食事をとってしまいます...


食べ過ぎた分を翌日にリセットするには?

  飲み会や食事会の席が楽しくてつい食べ過ぎてしまったということはあると思いま...

スタイルが良くなる?高タンパク質を摂取してメリハリボディになろう

高たんぱく質摂取でメリハリボディを手に入れる     メリハリボディを...

カラダノートひろば

食事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る