カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 実は糖尿病なんです!夏場に注意したいペットボトル症候群とは?「低血糖症」について知っておこう!

生活習慣病

実は糖尿病なんです!夏場に注意したいペットボトル症候群とは?「低血糖症」について知っておこう!

みなさんは「ペットボトル症候群」ということばを聞いたことがありますか?

ペットボトル症候群とは、清涼飲料水、スポーツドリンクなどを大量に飲み続けることが原因で起こる急性の糖尿病のことです。

清涼飲料水やスポーツドリンクの急激な大量摂取だけでなく、アイスクリームやフルーツ缶詰などの糖分の多い食品の大量摂食でも発症することがあります。

ここでは暑い夏に要注意なペットボトル症候群にかんするお話をしていくことにします。

 

ペットボトル症候群の原因

 ペットボトル症候群は一種の糖尿病です。糖分の過剰摂取が原因で引き起こされます。夏場になってかかる人が多くみられます。

その原因は、やはり夏場は水分補給のためにたくさんの清涼飲料水を摂取しがちであるからです。

日本ではペットボトルの清涼飲料が発売されるようになったり、自動販売機が普及しだしてから、ペットボトル症候群が増えたといわれています。

 

ペットボトル症候群の症状

ペットボトル症候群の症状は、糖尿病の症状と同じです。

 

・異常にのどが渇く

・飲み物を大量に飲む

・トイレがちかくなる(回数が増える)

・だるさを感じる

・体重が急激に減る

というのが初期症状で、ひどくなると、

・意識がこんとんとする

・昏睡状態になる

ということもあり、命の危険もともなう症状になります。

 

治療法

ペットボトル症候群の一般的な治療法として、糖分を排出する点滴などを打つことがあります。

そのため、数日間の入院が必要になりますが、軽度の症状であれば、2-3日で症状はおさまるでしょう。

 

他にも、薬、食事療法により治療をすすめていきます。同時に運動も必要になるでしょう。また、甘い飲み物は禁止になります。

 

ペットボトル症候群、こんな人は要注意!

・父親か母親が糖尿病の人

糖尿病は、すい臓から分泌されるインスリンというホルモンの働きが不十分であるために組織や細胞内で栄養障害が起きてしまう病気です。

必ずではありませんが、遺伝的要素で糖尿病を引き起こしやすくなってしまう人もいるようです。

 

・若年の肥満のある人

肥満はインスリンをたくさん必要とする状態になるので、一般的に肥満の人の血液中のインスリンは多くなっています。

肥満が長く続くと、インスリンを分泌する細胞は疲れてしまい、だんだんとインスリンが出なくなり糖尿病になりやすくなってしまうのです。

 

ペットボトル症候群の予防法

 ペットボトル症候群の予防法=肥満予防といっていいでしょう。まずは、清涼飲料水を飲む量を減らし、水やお茶を飲むようにこころがけましょう。

また、スポーツドリンクを飲む際は4倍程度に薄めてから飲むようにしましょう。

 

そして、日常生活での健康意識を高めるために、清涼飲料水などを飲む際には成分表をしっかりと確認する習慣をつけて、カロリーを気にする生活をこころがけましょう。もちろん適度な運動も効果的です。

 

 夏場になると普段以上に水分補給が必要になります。人は生きていくためには「水分」が不可欠です。ペットボトル症候群と聞いて、水分補給を怠るのはやめましょう。

大切なのは、糖分の多い飲料水の過剰摂取を避けることと、肥満の回避になります。

常日頃からの健康意識を高めて生活することが、ペットボトル症候群に対しての最善策といえるでしょう。

 

 

「朝の果物は金」は全ての人に当てはまる?果物の糖分について

「朝のくだものは金、昼は銀、夜は銅」ということわざがヨーロッパにあります。これはどんな人にも当てはまることなのでしょうか?

 

果物に含まれる糖

果物はたしかにビタミンなど豊富ですが、果物の甘みはブドウ糖、果糖、ショ糖からなります。そのため、糖を気にする方にとっては朝の果物は金にはならないこともあります。

 

果糖の吸収速度

果糖は吸収が早く、血糖値を一気に上昇させます。朝はエネルギーが不足する状態のため、健康な人であれば、速やかにエネルギーを補給できるすばらしい食品といえます。しかし、糖を気にする人にとっては、避けたい食品となる場合があります。

 

特に朝、果物を食べることは、朝の空腹により果物の糖を強く吸収することになり血糖値が急激に上昇することにもなります。

血糖値の急上昇が健康に良くないことは一般的にも知られてきています。

 

○果糖の特徴

●ブドウ糖と同じく血糖値を上げる

●糖化を促進する効果

●果糖の取り過ぎは老化やがんの原因に

●中性脂肪になりやすく肥満となる

 

果物のように甘いものには当然のように糖質が含まれます。

しかし、等分だけではなくミネラルやカリウム、食物繊維なども含まれるため、うまく取り入れることで、毎日の食生活が豊かになり、健康にも一役買います。

 

しかし、フルーツのみを食べるダイエットのようなものは、痩せたとしても健康的に痩せたと言うことではなく、タンパク質などの栄養が不足したことによる痩せ方で、美容的にはマイナスな効果しか期待できません。

 

果物だから大丈夫などと言う幻想は捨てて、果物も他の食材と同じく考え、バランスよくに摂取しましょう。

 

 

糖尿病の治療で特に気をつけたい!身近な危険「低血糖症」について知っておこう!

血糖値の数値の乱れが糖尿病の原因ともなりますが、それよりも前に低血糖症が始まります。

 

低血糖症とは

低血糖症は、その名の通り血糖値が下がりすぎたときに起こる症状で、実は糖尿病になったあと悩まされる多くの症状の原因もこの低血糖症です。

 

糖尿病患者が飴など甘いものが手放せないという話を聞いたことはないでしょうか。

これは何も患者が甘いものを我慢できないという話ではなく、糖尿病の治療に使われるインスリンのせいとも言われます。

 

インスリンによる副作用が原因

血糖値が高くなりすぎる糖尿病の治療に必要なインスリン注射は血糖値を大幅に下げます。この下げ幅が急激すぎて血糖値を下がりすぎてしまうことこそ、糖尿病患者にとって最も注意すべき低血糖症です。

 

その病名から糖尿病とは全く違うものだと思われがちな低血糖症ですが、このようにほとんど重なった血糖値の乱れによって起こる症状なのです。

 

低血糖症の種類

機能性低血糖症

本来血糖値を正常に保つ人体の働き、体内で分泌される天然のインスリンが効きすぎて、血糖値が下がりすぎ起こる低血糖症です。

 

医原性低血糖症

上記と同じくインスリンが原因ですが、こちらは糖尿病の治療のために外からインスリン注射でインスリンを取り入れることによって起こる低血糖症。

通常、糖尿病患者は糖質を日頃から制限しているため、インスリンが効きすぎると重篤な低血糖症に陥りやすい。

 

糖尿病も低血糖症も、血糖値の乱れによって起こる疾患であり、低血糖症はインスリン注射を欠かせない糖尿病患者にとって常に隣り合わせな危険です。

低血糖症の危険を減らすためには、常に血糖値を調節する手段を用意しておく必要があります。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-05-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

糖尿病に関する記事

眠れない・・何度も目が覚める・・糖尿病の睡眠障害を防ごう!

睡眠の質が普通の人より低下することが知られている糖尿病患者ですが、血糖コ...

黄色と黒の班がすねに!リポイド類壊死症とは?検査治療は?最も恐ろしい合併症!?糖尿病性足病変とは?

  糖尿病は血中に糖が多くなることによって、血管が細くなる場所の皮膚で様々な症...


糖尿病の予防策は病気の進行具合で一次予防・二次予防・三次予防と違う!生活の「ちょっと変え」で糖尿病回避!

  糖尿病には様々な予防策がありますが、病気の進行具合で一次予防・二次予防...

大事な糖尿病の初期症状、「潮紅」とは?早い段階で気づくために!

  糖尿病とは大きく言えば血糖値が高くなる病気のことです。人は体を動かすエネル...

カラダノートひろば

糖尿病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る