カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯周病 >
  5. 最新の歯周病対策!「次亜塩素酸電解水」ってなに?

気になる病気・症状

最新の歯周病対策!「次亜塩素酸電解水」ってなに?

歯周病の治療法と言えばまずプラークを除去し、患者さん個人が徹底した歯磨きすることが主流でしたが、近年、薬で歯周病を治療するという「歯周内科」の治療が広がってきています。

 

顕微鏡で菌種を確定した後、それに対応した抗生剤を投与して除菌し、その後「次亜塩素酸電解水」という殺菌作用のある溶液で状態維持をしていくというものです。「次亜塩素酸電解水」は2005年に発売された新しい製剤ですが、その安全性については大丈夫と言えるのでしょうか?

 

次亜塩素酸電解水は、歯を溶かす副作用がない?

歯周病菌が殺菌できるメカニズムとは?

次亜塩素酸電解水は、虫歯菌や歯周病菌だけでなく「バイオフィルム」そのものを破壊する作用を持つため、ほぼ完全に殺菌することができると報告されています。

 

使用方法

次亜塩素酸電解水を口に含んで、毎日10秒間のうがいを行います。

 

微酸性電解水とはどう違う?

歯周病治療に用いられる溶液のひとつ「微酸性電解水」は、pH5程度の微酸性で、「次亜塩素酸電解水」は中性に近い弱アルカリ性です。

 

両方に殺菌効果は認められているものの、酸性溶液は歯のエナメル質を溶かしてしまうため、毎日使い続けると反対に虫歯になりやすくなる可能性もあります。次亜塩素酸電解水は歯を溶かす心配がなく治療効果が高いのです。

 

マウスによる毒性試験

日本食品分析センターによる、マウス毒性試験の結果は以下とされています。

 

■雌ラットを用いた急性経口毒性試験

【試験内容】700ppmの次亜塩素酸水20ml/kgを検体として、離ラッ トに単回経口投与を行い、14日間の観察を行った。

【結果】観察期間中に異常又は死亡例は認められなかった。

 

最後に

上記のマウス毒性試験では、急性毒性(1回投与における毒性)の検証については実施されていますが、長期間の継続使用を行ったときの毒性については触れられていないという点が懸念材料ではあります。

 

健康に問題があるか確実性がなく心配という際には一度歯科医に尋ねてみることや海外文献などによる長期使用の毒性を調べてみることも必要となりそうです。

 

(引用・参考ウェブサイト:天野歯科医院)

(photoby:pixabay)

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

歯周病に関する記事

あなたは大丈夫?8020運動で歯周病が増えている?

    みなさんは8020運動というのをご存知ですか?厚生労働省と日...

40歳以上の5人に4人以上が歯周病?意外と怖い歯周病について

意外と怖い!歯周病■歯周病とは?歯の病気の代表的なものに、むし歯(う蝕)と歯周病...


「乳酸菌LS1」の服用で、歯周病の原因菌が1/20に減少する可能性?!

歯周病とは、細菌感染によって炎症が起こり、歯を支える土台である歯槽骨が溶けて...

歯周病の治療法「歯槽骨再生手術」と「インプラント手術」を知る

  歯周病の治療法「歯槽骨再生手術」と「インプラント手術」を知る   ...

カラダノートひろば

歯周病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る