カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 授乳 >
  4. 新米ママにオススメ!赤ちゃんにげっぷを出させる3つのコツ

育児・子供の病気

新米ママにオススメ!赤ちゃんにげっぷを出させる3つのコツ

赤ちゃん

初めての出産、初めての授乳、初めてのオムツ替え…。新米ママには大変ですよね。

そして困ってしまうのが、授乳後のゲップではないでしょうか?

なぜしなきゃいけないの?どうやったら上手にできるの? 今回は赤ちゃんにげっぷを出させる3つのコツをご紹介します。

 

■赤ちゃんにゲップはなぜ必要?

自由に起きて動くことができる私たち大人と違って、生まれたばかりの赤ちゃんは寝たきり状態です。

授乳やミルクを飲んだ際、一緒に飲み込んだ空気がお腹を圧迫してしまいますから、赤ちゃんは苦しくなってしまうんです。その現象を少しでも楽にさせてあげるために、ゲップが必要です。

 

げっぷをしても吐くときは吐きます

げっぷをすれば絶対吐かない!という訳ではないのです。

もちろん、げっぷを出させてあげた方が吐きにくいようですが、食道も短い赤ちゃんは、簡単に飲んだミルクを戻してしまいます。

ですから「げっぷをしたのに吐く」ことがあっても、吐き方がひどくなければ病気ではありませんから、ご心配なく。

 

■ゲップを出させる3つのコツ!

1.赤ちゃんは縦抱きに!ママはソファなどに浅く座って

首のすわっていない赤ちゃんの時は要注意ですが、基本的には縦抱きにし、ママの肩にもたれかかるように姿勢をとらせてあげましょう。

立っていてもいいのですが、ママは疲労たっぷりですから、ソファなどに浅く座りましょう。

浅く座って、赤ちゃんを抱いた時の角度を調整しやすいようにしましょう。

 

2.赤ちゃんの胸元とママの肩がぴったりくっつくように押し上げて

縦抱きにしたら、ぐっと持ち上げて赤ちゃんの胸元がママの肩にくるように押し上げましょう。

この時、赤ちゃんの鼻や口がふさがらないように気をつけて!

げっぷと一緒に、あるいは先にミルクを吐いてしまう子もいますから、ママはあらかじめ肩にガーゼやタオルをかけておくと安全です。

赤ちゃんのカラダがママとぴったり密着すれば、赤ちゃんも安心してくれます。

 

3.トントン、よりもまずはすりすり!

トントンしたくなりますが、まずは胃のあたりから首筋にかけて、下から上に向かってゆっくりさすってあげてみてください。

お腹の中の空気を喉元の方に押し上げるイメージです。トントンでもいいのでうが、筋肉が緊張してしまうこともあるんだそうです。

背中をさすられるのは赤ちゃんも気持ちいいはず。ゆっくり、優しく、さすってあげましょう。

 

■出ない時には無理せずに

ずっとやっているのにゲップが出ない!と心配するママもいるかもしれませんが、あまり神経質にならなくて大丈夫です。

ゲップが出ない代わりに、おならなどで空気を出す子もいますし、必ずしもゲップが出るわけではないのです。

5〜6分続けてみて、出ない時にはゆっくりと寝かせてあげましょう。

横向きに寝かせてあげると、吐いたミルクが器官にはいる心配が減るので安心ですよ。

 

■実は短い「要ゲップ」の時期

始まったばかりの頃は一大行事のように思えますが、実は5〜6ヶ月を過ぎれば必要なくなってしまうんです。

自分で上手にげっぷをしたりしながら、空気を抜くやり方を赤ちゃんも学んでいます。

個人差がありますから、自分の赤ちゃんとゆっくり向き合いつつ、ベストなやり方を見付けてくださいね。

 

(Photo by:pixabay

著者: mana*さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

授乳に関する記事

「ミルク育児でごめんね」そう感じているあなたへ!安心してくださいね

母乳育児がしたかったのに、体調等の理由でミルク育児になってしまったお母さんは...

離乳食開始、母乳は早くからやめたほうがいいの?新米ママの悩みを解決!

赤ちゃん誕生から始まった慌しい日々も、生後6ヶ月ぐらいになり、少しひと段落。...

授乳の体験談

おっぱいが詰まりやすいものって・・・

3人娘を母乳で(現在は混合ですが)育てていますが、とにかく詰まりやすい私の乳。 参考までに詰ま...

赤ちゃん好みのミルクを探す方法

大人に好き嫌いがあるように赤ちゃんにも好きなミルクと嫌いなミルクがあります。 ただミルクの種類が多...

カラダノートひろば

授乳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る