カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 風邪 >
  4. 長引く夏風邪…高温多湿な環境は長引く原因!?夏風邪への対処法

気になる病気・症状

長引く夏風邪…高温多湿な環境は長引く原因!?夏風邪への対処法

夏は冷房などで室内と室外の温度差が大きく、日常的に室外の出入りを繰り返しているだけで自律神経が乱れやすくなります。

自律神経が乱れると体に様々な不調が表れますが、夏風邪もその一つです。

ここでは夏風邪の原因・対策・治療法についてまとめてみました。

 

■夏風邪は長引きがち…その原因は?

夏風邪とは冬の風邪と違い、鼻水や鼻づまりの症状が出にくいのが特徴です。主な症状として37.5度以上の微熱が続き、喉の痛みや激しい咳、頭痛があらわれます。

腹痛や下痢などがおこる場合もあります。そしてこれらの症状が長引きがちなのも特徴のひとつです。

 

原因としては夏は室内と室外の温度差が大きいことが挙げられます。差が大きければ大きいほど自律神経が乱れます。

そして免疫力が低下し、高温多湿な環境下で活発化したウィルスに感染する…ということを繰り返して長引いてしまうのです。

 

■夏風邪を長引かせないための対処法

まず予防として、帰宅したら手洗い、うがい、目薬をします。

夏風邪ウィルスは目から感染してくる場合がありますので、目の表面を洗い流すと効果があります。

冷房を入れる前に家の中をしっかりと換気し、家の湿った空気を逃がしてウィルスの繁殖を抑えましょう。

また、ダニも繁殖すると夏風邪の原因になってしまいますのでダニ防止グッズでダニの繁殖を防ぎましょう。

 

■夏風邪への対処法

・睡眠をとる

まずはできるだけ睡眠をとりましょう。睡眠をとることによって免疫力が回復してきます。

 

・しっかり水分補給する

喉が痛くて水分補給が辛いかもしれませんが、夏は暑く脱水症状を引き起こすおそれがあるため、こまめな水分補給をします。

また、少量の赤ワインと生姜を混ぜたものも免疫力を高める効果があります。

 

・ぬるめのお風呂も◎

熱が下がってきたらぬるめのお風呂に入るのもよいです。新陳代謝が高まり免疫力の回復が早くなります。

 

夏は室温と外気温の差で自律神経が乱れやすく、結果免疫力が落ちて風邪をひきやすくなる季節です。

休養をしっかりとり、エアコンを入れる前に換気をするなど対策をして、風邪を長引かせないよう心がけましょう。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: mikanman09さん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

風邪に関する記事

胃腸風邪にかかったら野菜スープで栄養補給!栄養の多い夏野菜を使う場合はこれに注意!

梅雨時期から夏にかけては胃腸風邪にかかる人が多くなります。胃腸風邪は消化器官に...

防寒対策に『遠赤外線』仕様の製品が効果的!そのメカニズムは?

  省エネ対策にぴったりの『遠赤外線』 そのメカニズムは以外と知られていない?...


ピークは7月!夏に流行する夏風邪が引き起こす問題と、正しい対処法

一般的には、風邪と言えば夏よりも冬の方が流行りやすいです。冬の方がウィルスが好...

カラダがだるい…もしかして!?大人も気をつけたい流行りの夏風邪

夏は暑い毎日にぐったり!ところが、ある日突然喉の痛みや咳・鼻水が…なんて経験は...

カラダノートひろば

風邪の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る