カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 夏バテ対策 >
  4. そうめんは夏バテを引き起こす?夏に不足しやすい栄養素とは?

健康診断・健康管理

そうめんは夏バテを引き起こす?夏に不足しやすい栄養素とは?

暑い夏がやってくると食べたくなるのがさっぱりしたもの。

夏の食べ物といえばそうめん、冷やしうどん、すいか、かき氷…どれも冷たくてさっぱりしていておいしいですね。

しかしこれらの食べ物には意外な落とし穴が…。今回は夏の食べ物で夏バテする原因とその対処法について調べてみました。

 

■夏は炭水化物の取りすぎに注意

暑くなるとそうめんや冷やしうどんなどの冷たい麺類がおいしいのですが、ついつい主食単品のみで済ませていませんか?

おかずを調理するのが暑くて面倒だったりしてついつい麺だけで済ませがちですが、それですと炭水化物のみの過剰摂取になり、栄養バランスが偏ってしまいます。

炭水化物は一気に血糖値をあげるため一時的には元気になったような気がしますが、少し時間が経つと急激に血糖値が下がり、一気に疲労を感じるようになります。

 

■夏に不足しやすい栄養素を摂取して夏バテ対策

夏に不足しやすい栄養素として、たんぱく質、鉄分、食物繊維、ビタミンB1、ビタミンB2が挙げられます。

以下にそれぞれの主な役割を示します。

 

【たんぱく質・鉄分】

肉、魚、豆類などに含まれ、筋肉などの元になります。たんぱく質の多い食品には鉄分も多く含まれるものが多いため、たんぱく質の不足は同時に鉄分の不足も招き、貧血を起こしやすくなります。

 

【食物繊維】

不足すると胃腸の調子に不調が出て便秘と下痢の原因になったりします。便秘・下痢は体力を奪いますのでなるべく予防したいところです。

 

【ビタミンB1】

摂取した炭水化物を活動エネルギーに変換する働きがあります。なので不足すると変換がスムーズに行かなくなり疲れやすくなります。

 

【ビタミンB2】

炭水化物、たんぱく質、脂質を体内で上手く使えるようサポートしてくれます。不足するとサポート機能が弱くなり疲れやすくなります。

夏バテしないためにはこれらの栄養素をバランス良く摂取することが大切です。

 

■栄養素を手軽に取るには?簡単レシピ

そうめんやうどんやご飯に夏野菜(トマト、ピーマン、ナスなど)と納豆や豆腐や卵などをトッピングするだけで不足しがちな栄養素が手軽に取れます。

野菜は切って挽肉などを加え、ごま油やナンプラーで炒めるととてもおいしいです。

時間の無い時は電子レンジで加熱してポン酢と鰹節をかけるだけでもおいしいですよ

 

夏バテの原因には栄養不足も大いに関係してきます。なるべく色々な食品を摂取するようこころがけましょう。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: mikanman09さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

夏バテ対策に関する記事

朝活に運動で、夏バテ知らず!涼しい朝に運動をして、夏バテしにくい体を手に入れよう!

  夏は毎年暑さにやられてしまう、夏バテになってしまうという人は、朝活で運動をは...

夏場はミルクや母乳だけではダメ!?「白湯」で上手に水分補給!

   赤ちゃんの水分補給は、母乳やミルクで十分といわれています。   しかし、大...


夏バテ対策にも!辛い脚の疲れや冷えに効果的なツボはコレ!

室内で仕事をしていても足が冷えて悩まされたり、外で仕事をしていても、歩き疲れや...

夏の水分補給、飲みすぎで痙攣・昏睡!?『水中毒』について

夏は外出時だけでなく、室内においても高温多湿となり、過度の脱水と血管の拡張より...

カラダノートひろば

夏バテ対策の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る