カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 乾燥肌 >
  5. グッズ >
  6. 乾燥肌の原因は肌のバリア機能!?欠かさずやっておきたい保湿ケア

美容・ダイエット

乾燥肌の原因は肌のバリア機能!?欠かさずやっておきたい保湿ケア

日本の1年の中で夏場は一番湿度が高いですが、だから乾燥肌にならない、というわけでではありません。夏場でも乾燥肌になるリスクはあります。

そこでなぜ夏に乾燥肌になるのかという原因と、その対処法、また乾燥肌の治療法について調べてみました。

 

■乾燥肌の原因は肌のバリア機能!?

夏場は紫外線が強く、外出すると常に肌にダメージを受けているような状態です。

また大量に汗をかくのでつい何度もシャワーを浴びて肌を洗いすぎになったり、クーラーの効きすぎで湿度の低下した部屋に長時間いるなど、肌のバリア機能の低下が起こります。

 

また、暑い外と涼しい室内の行き来によるストレスでも交感神経が刺激され、肌バリア機能低下を引き起こす男性ホルモンが分泌されやすくなります。

肌のバリア機能の低下により肌内部に水分を留めておけなくなり、肌内部から水分が失われ、肌が乾燥するのです。

 

■しっかりと保湿ケアを

特に雪の降らない太平洋側の地域は冬乾燥するので、しっかりと保湿ケアを行っている方も多いと思います。

ですが、夏は湿度があるからと怠りがちです。

しかし、実は上記のような理由から肌は角質層が乾ききっている状態ですので、夏場でも保湿化粧品を用いるなどして保湿ケアを行うようにしましょう。

 

同時にSPF30ぐらいまでのUVケア製品を一定時間置きに肌に使用し、UVケアもしっかりと行いましょう。

UVケアで紫外線ダメージを減らすことで、肌バリア機能が守られ、乾燥しにくくなります。

 

■乾燥肌の治療法

乾燥がひどいと皮膚がかさかさして白いフケ状のもの(落屑(らくせつ)が付着して粉を拭いているような状態になる事があります。

これを皮脂欠乏症といいます。治療には保湿が大切です。

ワセリン、油分、グリセリン等が含まれた保湿剤を使用しましょう。落屑を押さえるにはサリチル酸や乳酸、尿素が含まれるものを使用します。

皮脂欠乏症が悪化しますと、炎症を伴う皮脂欠乏性湿疹になってしまうことがあります。こちらの治療にはステロイド外用薬が用いられます。

落屑がひどいと感じた段階で早めに皮膚科を受診しましょう。

 

いかがでしたでしょうか。表面上は乾燥して無いからと油断してケアをしないと、肌内部にダメージが蓄積し気づいたら深刻な事態に…ということもありえるのです。

乾燥肌にならないために夏場でもしっかり保湿とUVケアを行いましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: mikanman09さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

グッズに関する記事

乾燥肌対策に漢方をとり入れる!ウルウル肌の為の漢方まとめ

  乾燥肌の対策には、外側からだけでなく内側からケアをすることも重要です。つまり...

保湿対策のための尿素入りの薬は若い人に向かない?

  乾燥肌に効果のある市販薬で、尿素配合のものを見たことがあると思います。尿素...


漢方薬で乾燥体質改善をはかる!~体の内側からスキンケア~

  乾燥肌体質の人は、特に冬の空気が乾燥する季節になると、加湿器や化粧品で対策...

肌の保護機能も低下して肌が乾燥!肌につける「薬用」製品の選び方

  空気が乾燥しているときに肌も乾燥してしまうというのは、人の肌の反応としては...

カラダノートひろば

グッズの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る