カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 事故予防・安全 >
  4. 室内 >
  5. 危険がたくさん!?乳児のハイハイ時期に気をつけたい3つのポイント

育児・子供の病気

危険がたくさん!?乳児のハイハイ時期に気をつけたい3つのポイント

赤ちゃん 

ついこの間寝返りができるようになった、と思ったら、もうはいはいできるの!?とびっくりするママもいるかもしれません。

子供の成長は本当にあっという間ですよね。それとともに危険も増えてきます。その危険についてご紹介します。

 

1. ベッドからの落下

寝返りの頃から気をつけてきたベビーベッドからの落下。

ママはもうしっかり、ベビーベッドに寝かせる時は柵をあげる、という癖がついていると思います。

ですが、はいはいが始まったら、さらに視野を広げてくださいね。

 

特に2階建のお宅は要注意です!

ドアを開けっ放しにしていて、階段を転げ落ちたり、あるいは1階からママを追いかけて2階にあがろうとして、滑って落ちたり…ベランダなども気をつけなければなりません。

 

2. 誤飲

お部屋のなかをハイハイして、たくさん遊んでいる赤ちゃん。

ふと、今までに見たことのないものを見付けて、口の中にいれてしまうかもしれません。

視野が広がっていることにくわえて手先も器用になっていますから、細かいものなどは飲み込んでしまう可能性大!

遊ばせるスペースに、赤ちゃんの口に入ってしまうサイズのものが転がっていないかどうか、ママは注意が必要です。

 

3. 水場の事故

赤ちゃんは、5cmから10cm水がたまっている場所でも簡単におぼれてしまいます。

お風呂場、おけなどに水が入ったままになっていませんか?

お風呂場のドアが簡単にあかないようになっているか、気をつけましょう。

出来ないと決めつけないで!

まだはいはいだし、力もないし…と過信してはいけません!

確かに昨日は出来なかったことも、今日何かの拍子にできてしまうかもしれません。

いつもは開けっ放しにしていないドア、普段から気をつけているはずのこと、油断せずにちゃんと実行しましょう。

はいはいが始まった赤ちゃんは好奇心いっぱいです。
知りたい、見たい、新しいことにチャレンジしたい!

その気持ちはとても大切ですが、事故があってからでは遅いのです。

赤ちゃんの安全をしっかりママが守りつつ、楽しい遊びの時間を与えてあげてくださいね。

 

(Photo by:pixabay

著者: mana*さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

室内に関する記事

避難所で赤ちゃんを落ち着ける工夫!段ボール1つでできる、簡易チェア&ベッド

赤ちゃんは大人の空気を読む必要はありません。けれど、震災の被害にあったとき、...

不慮の事故・意識消失を防ぐ!子供が窒息しやすい原因とは?

1歳未満の子供の事故で多い窒息。発達の過程の中で、口で確かめて認知するために...

室内の体験談

赤ちゃんと犬との生活

我が家には2匹のチワワがいます。長男とわんこ達の過ごし方にとお互いのスペースについて。試行錯誤しまし...

寝返りが完成!本当に危ない「棒」に注意

おもちゃにスプーン、ストローにハブラシ・・・ 寝返りが完成した時点で、もはや凶器でしかない棒状の何...

カラダノートひろば

室内の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る