カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 冷え性 >
  4. 基礎知識 >
  5. それ、内臓を冷やしてない?内蔵型冷え性の3つの原因

女性のカラダの悩み

それ、内臓を冷やしてない?内蔵型冷え性の3つの原因

  

冷え性というと手足が冷たくなるイメージがあるかもしれませんが、実はそうならない冷え性もあります。

それが最近知られるようになってきた「内蔵型冷え性」です。

 

内蔵型冷え性とはなんだ?

よく知られているのは、女性によくある手足の先が冷える末端冷え性です。

これに対して内蔵型の冷え性というのは、男性にもよくあり、手足はポカポカしているのに体の中が冷えているという状態です。

 

体の外側が冷えていないことで、本人にはあまり冷え性という自覚がないケースが多いようです。

 

何で内臓が冷えるの?

内臓の冷えは以下のような原因によって起こりえます。

 

1.冷たいものを摂りすぎる

夏場などに暑いからといって、冷たいジュースをがばがば飲んだり、アイスをたくさん食べたりすると、中から体を冷やしていることになります。

食事でもそうめんなどの冷たいものばかり食べたり、冷たい果物や野菜ばかりを食べることも原因となります。

 

2.筋量・筋力が少ない

体を動かすには摂取した食事から熱を発生させることが必要です。

その熱は筋肉で発生させるのですが、その筋肉の量が少なかったり、筋力が少なく、普段あまりからだを動かさない場合、体の中の熱の量が少なくなります。

そのため、作り出される熱が少ないので体の中が冷えてしまうのです。

 

3.自律神経の不調

体温を調節しているのが、自律神経です。

自律神経は、暑ければ血管を拡張したり汗をかいたりして熱を逃がし、寒ければ血管を収縮させて熱を逃がさないようにしてくれます。

 

夏のエアコンやストレス、疲労、更年期などによってこの自律神経の働きが乱れてしまうと、体が冷えているのに熱を逃がすような働きをしてしまうことがあります。

よって、知らないうちに体の内側が冷えてしまっている…ということがあります。

 

内臓が冷えるようなことしていませんか?

内臓が冷える原因になることを生活の中でしていれば、当然内臓型冷え性は進行していきます。

自分の生活を振り返ってみてください。原因になるようなことをしてませんでしたか?

もしこうした生活をしているのならば、自覚していなくても内蔵型冷え性になっている可能性もありますので気をつけてくださいね。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

筋肉量の少ない女性&ストレスの多い人は内臓型冷え性に要注意!内臓型冷え性の原因とは

体の内部が冷えてしまうのが「内臓の冷え性」の問題です。末端冷え性に比べると、寒...

足が冷えて眠れない…どうすればいい?

  冷え性の人にとって冬はとっても厳しい季節です。足が冷えてしまって全然眠れな...


夏の暑さ・寒さだけじゃない!夏には自律神経を乱す要因がたくさんあって冷房病になりやすい!

     夏は自律神経が乱れやすい季節です。自律神経は人が生きるペースを刻んでく...

女性特有のお困り症状、冷え症の人はむくみやすいって本当?

  冷え性に悩んでいる人も、むくみに悩んでいる人も多いと思います。中には両方と...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る