カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 冷え性 >
  4. 対処法 >
  5. 食事 >
  6. 内蔵型冷え性で冷え冷え!内臓冷えを解消する効果的な方法3選

女性のカラダの悩み

内蔵型冷え性で冷え冷え!内臓冷えを解消する効果的な方法3選

  

冷えは色々な体の不調を引き起こします。

その冷えの中でも怖いのが内蔵型冷え性で、体の中が冷えているために自覚症状が乏しく、体の中が冷えているために内臓から全身の不調を引き起こしやすいという特徴があります。

 ここでは、内蔵型冷え性を解消する効果的な方法3つについてご紹介します。

 

内臓冷え性を解消する

冷えはこういうものとあきらめてしまう人も多いですが、特に内臓の冷えは不妊やEDを引き起こしたり、風邪をひきやすくなるなど、体への影響が大きいものです。

そのため、なるべく早急に内蔵型冷え性は解消してあげる必要があります。

では具体的にどのような方法があるのでしょうか?

 

・「冷たいものを食べる」のはやめる

内蔵型冷え性の原因のひとつが、冷たいものを食べて中から体を冷やしてしまっているというものです。

特に夏場は気温が高いため、冷たいものをたくさん摂ってしまいます。

キンキンに冷えたビール、冷たいままの夏野菜、果物、アイス、ジュースなど挙げていけばきりがないですが、こうしたものをよく食べているならばそれはやめ、夏でも温かいものを摂取するようにしましょう。

 

・体を動かし、筋肉を使う

運動をするというのは2つの意味で効果的です。

まず体の中の熱というのは筋肉でつくられます。その筋肉の量が十分でなければ十分な量の熱がつくられないわけですから、運動をして筋肉を鍛えてあげるのです。

 

もうひとつの理由が自律神経です。人の体温は自律神経によってコントロールされていますが、エアコンや更年期、ストレスなど色々な理由でこの自律神経は乱れてしまいます。

 

運動によって体を動かすと、この自律神経の乱れを調整できるため、内臓の冷えに効果があるのです。特にジョギングや水泳など一定のリズムを刻む運動が効果的です。

特に普段から冷たいものを食べているわけではないという場合、こうした方法の方が効果的かもしれません。

 

・体を外から温める

冷えている状態というのは悪循環をまねきます。そのため外から体を温めてあげて、その悪循環に歯止めをかけるというのも効果的です。

 

寝るときはクーラーをつけっぱなしにしないようにしたり、お腹が冷えないように工夫しましょう。

またゆっくり湯船につかることも、体を温める効果だけではなく、自律神経を整える効果も期待されます。

 

ただ内蔵型冷え性の場合、自律神経が乱れていることで、厚着をすると足先が熱くなったり、汗が出てきたりすることがあります。

その場合は、調整しながら行って下さい。ただし、汗をかいているからと言って、体を冷やすべきということではありません。

 

その不調は内臓型冷え性によるものかも

内臓が冷えるということは、生命活動に直接関係しない内臓から機能低下していくことになります。

そうすると、生殖機能が影響を受けたり、それに近い胃腸が影響を受けたりし、生活に支障が出てくるようになります。

 

何となく感じる不調の原因はいくつかありますが、もしかしたらあなたの不調の原因は内臓の冷えによるものかもしれません。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

食事に関する記事

冷え性対策の鍋もいつもだと飽きる…体を温める効果も増加する♪○○を入れてアレンジ!

  冬にお鍋はおいしいですが、どうも味や具材が一辺倒になってしまっていませんか...

生姜パウダーや乾燥生姜を使って冷え対策!体を温める生姜の効果

  冷え性を改善するには、バランスの良い食事と適度な運動が基本。でも、1品...


毎日食べても食べ飽きない!美味しいカンタン♪ 生姜ご飯レシピ集

もはや冷え性対策として定番となった生姜。 生姜焼きをはじめ薬味に生姜、スープに...

スパイスで体ぽかぽか♪ 手軽なチャイティーの作り方

チャイティーとは言わば「インド流ミルクティー」です。 イギリスのミルクティーは...

カラダノートひろば

食事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る