カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 腎臓・膀胱・尿管 >
  4. 膀胱炎 >
  5. 夏場の膀胱炎の原因は水分不足!対処法は「たくさん水分を取る」!?

気になる病気・症状

夏場の膀胱炎の原因は水分不足!対処法は「たくさん水分を取る」!?

女性に多いといわれている膀胱炎。「トイレにすぐ行きたくなる」「排尿時に痛みを感じる」「残尿感がある」などの症状が現れます。

この膀胱炎、実はトイレを我慢しがちな冬場より6~8月の夏場に発症することが多いのです。なぜでしょうか?

ここではその原因と対処法、治療法について記載していきます。

 

■夏場の膀胱炎の原因は「水分不足」

夏場は体温調節のためにたくさん汗をかきます。また自分では感じないまま皮膚や呼気から水分が失われています。

夏場は体内の水分がどんどん失われているのです。

体内の水分が失われると尿として排出される水分が少なくなるため、尿量が減ります。

そして本来尿が押し流してくれるはずの尿道付近の細菌が逆流して入りやすくなり、膀胱炎がおこるのです。

 

■対処法は「とにかくたくさん水分を取る」!

膀胱炎への対処法ですが、上記のように「とにかくたくさん水分を取る」ことです。

水分不足で尿が減り、細菌が押し流されないことが膀胱炎の原因ですので、尿を出すために水分をとにかくたくさん摂りましょう。

ですので、膀胱炎が疑われ始めたらとにかくたくさん水分を取り、たくさん尿を排出しましょう。軽い膀胱炎であれば、これだけで治る場合もあります。

 

■長引くようなら泌尿器科へ

痛みが長引いて辛い場合は早めに医療機関を受診しましょう。泌尿器科か、近くに無い場合は内科でもよいです。

抗生物質を処方してもらえますので、服用していれば1~2日で症状は落ち着き、1週間程度で完治します。

 

膀胱炎を放置すると膀胱から細菌が逆流し、腎や腎盂に到達して腎盂腎炎(じんうじんえん)になる可能性があります。

腎盂腎炎は体力のないご高齢の方の場合、敗血症を引き起こし、重篤な状態になる可能性がある病気ですので、長く我慢せず治療してください。

 

夏場に膀胱炎が多い、というのは結構意外に思われる方も多いと思われますが、理由を知れば納得ですね。

「もしかして膀胱炎かも?」と思われる症状がありましたら、すぐに水分をたくさん摂り、場合によっては早めに医療機関での治療を開始しましょう。

そして予防のためにも夏場は特に普段からの水分補給を心がけましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

膀胱炎に関する記事

女性が特になりやすい膀胱炎…原因は細菌による感染!細菌はどこから侵入してくるの?

膀胱炎は膀胱に炎症が発生してしまうことで、排尿時や尿を溜める膀胱の基本的な機...

放置はNG!膀胱炎は腎盂腎炎にまで進行する

  膀胱炎は、症状としては排尿の際に炎症を起こした膀胱が収縮で痛みを感じる程度...


膀胱炎予防の“水分を沢山摂る”…ですが隠れたデメリットがあるのを知っていますか?

  膀胱炎にならないために水分を沢山とりましょう!という言葉は、よく耳にし...

膀胱炎と間違えやすい症状!「過敏性膀胱炎」

  残尿感があるし、トイレが妙に近い…と膀胱炎に良く似た症状のため、膀胱炎と間違...

カラダノートひろば

膀胱炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る