カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 多胎(双子) >
  4. お得な私立・考えるべき習い事…どう決める?双子育児のお金の問題

妊娠・出産

お得な私立・考えるべき習い事…どう決める?双子育児のお金の問題

子どもを育てるのに必要なのは愛情と、現実問題としては「お金」があります。

学校に行かせるのだって、習い事をさせるのだって、食べさせるのだってお金がなければできません。

 

双子を育てるのはかかるお金が2倍!?

双子はお金がかかると言われることがありますが、2人の兄弟姉妹を育てる場合と双子を育てる場合というのは、そう違いがあるものではありません。

 

年齢のちがう兄弟姉妹を育てる場合、入学金などのタイミングがでずれます。

一方で双子の場合、入学金などまとまったお金を払うタイミングが重なるため、一気にドンとお金が必要になるという印象は、確かに強くなるかもしれません。

 

二人だからお得な私立の制度

各家庭の予算によっては、私立ではなく公立でなければ進学はでいないという場合もあるでしょう。

当然、国公立の方が私立よりもかかる金額は小さいです。

 

ただ、私立への入学を考えている場合、双子だからこそお得になるケースもあります。

それが、兄弟姉妹の割引です。

私立の場合、学校によっては兄弟姉妹が入学したとき、一方の費用が、何割が安くなる学校があります。

当然、双子の場合も同時期に同じ学校に入学すれば、それが適用されるというわけです。

 

考えるべきは習い事や塾の費用

子ども1人を大学まで行かせるのにはだいたい2500万円~3000万円ほど必要になってくるでしょう。

ですが、それは成長の過程と共に少しずつ必要になっていくお金で、この大金がいきなりドンと必要になるということではありません。

 

コンスタントに出ていくお金の中の一方、変則的なのが習い事や塾にかかる費用です。

長期的なお金の計画を持ちつつ、月にいくらかの習い事や塾の出費を、家計の中で上手にやりくりしていく必要があるでしょう。

 

収入に合った計画を

特に大きくかかってくるのは大学の学費ですから、それに向けた貯蓄を意識しつつ、収入に見合った進学を選ぶことも必要になってきます。

大学などになってくれば奨学金などもありますから、そうした制度の活用も考えながら、できる限りの準備をしてあげてください。

 

 (Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

多胎(双子)に関する記事

排卵誘発剤の影響で多胎妊娠が急増中!

   排卵誘発剤の影響で多胎妊娠が急増しているそのワケとはどんなものなのでしょ...

動物性食品、ヤム芋を食べればOK!?目指せ!双子の自然妊娠

双子が生まれてくるのは偶然ですから、狙って双子を妊娠するというのはなかなか難し...

多胎(双子)の体験談

あれ?全然体重減らない!産後の私のおなかの様子

結局出産前には全部で14キロ増加しました。娘のときは12キロだったので双子だったことを考えるとまぁ優...

双子を妊娠32週で出産。未熟児、どうなる!?

私は28週で切迫早産と診断され、寝たきり入院生活に入りました。そして33週になろうかというところで急...

カラダノートひろば

多胎(双子)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る