カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 多胎(双子) >
  4. 双子の赤ちゃん~大学まで育てるにはいくらかかる!?

妊娠・出産

双子の赤ちゃん~大学まで育てるにはいくらかかる!?

子どもを保育園から大学まで育て上げるのには、どうしたって大きなお金がかかります。

だからこそ日本においても、貧富の差による子どもの教育格差などが言われるのでしょうが、具体的にいくら必要なのでしょうか?

 

双子は当然お金が2

細かいことを抜きにして考えれば、双子の場合、保育園や幼稚園~大学まで育て上げるのに、2倍のお金がかかります。

ですが、双子だから特別というわけでもなく、兄弟がいればその数だけお金がかかってくるのとそう変わりません。

 

そのため、1人だけ子どもが欲しいと思っていて双子を生んだ場合と、元々複数人子どもが欲しいと思っていて双子を生んだ場合で考えると、金銭的スケジュールは違ってくるでしょうが、後者であれば特別双子だから多くかかるということでもありません。

 

具体的にどれくらいかかるのか?

では保育園や幼稚園~大学まで、どれくらいのお金がかかってくるのでしょうか?

ここでは1人分にかかる金額から見ていきます。まずは~中学校までをみてみましょう。

 

未就園児…4年間で約340万円(×2680万円)

保育所・幼稚園…2年間で約240万円(×2480万円)

小学校6年間…約690万円(×21380万円)

中学校3年間…約470万円(×2940万円)

 

これら1人分の金額は第一子の場合の平均を出していますので、比較的高額になっているかもしれません。

 

ですが、大体これくらいはかかり、中学校までの合計で1人あたり約1740万円、つまり2人ならば3480万円はかかるということになります。

 

では次に高校~大学を見てみましょう。

 

私立高校3年間…約280万円(×2560万円)

公立高校3年間…約120万円(×2240万円)

私立文系大学4年間…約390万円(×2780万円)

私立理系大学4年間…約520万円(×21040万円)

国公立大学4年間…約240万円(×2480万円)

 

大学の場合、家から大学に通うのか、下宿をして通うのかによっても変わってきます。

下宿するという場合には、仕送りなど平均して月に7万円ほど負担が増えるということもあります。

 

他の諸費用もあわせると1人あたり約2500万円~3000万円

育てるには生活用品費用や食費、場合によっては塾や習い事の費用もかかってきます。

それが年間で1人あたり約45万円で計算すると、2人分で年間約90万円上乗せされます。

 

そうすると1人あたり約2500万円~3000万円くらい、つまり2人で5000万円~6000万円ほどかかってくるということになります。

 

子どもが小さいうちはどんな進路に進むのか分かりませんが、子どもがどんな道を選択してもよいように、長期的なスケジューリングをしていけるとよいですね。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

多胎(双子)に関する記事

双子妊娠はリスクばかり?双子妊娠・出産のメリット♪

双子を妊娠したら、多胎妊娠についてよく知らない人からは「楽しみね」などと言わ...

双子を妊娠しているママにつきまとう「妊娠中の7つのリスク」

双子を妊娠したとなると楽しい部分もありますが、一般的に多く言われるのはそのリス...

多胎(双子)の体験談

あれ?全然体重減らない!産後の私のおなかの様子

結局出産前には全部で14キロ増加しました。娘のときは12キロだったので双子だったことを考えるとまぁ優...

双子を妊娠32週で出産。未熟児、どうなる!?

私は28週で切迫早産と診断され、寝たきり入院生活に入りました。そして33週になろうかというところで急...

カラダノートひろば

多胎(双子)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る