カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. おでかけ >
  4. 1~2歳 >
  5. 熱中症にご注意!子どもとのお出かけ時・ベビーカー使用時に気をつけたいこと

育児・子供の病気

熱中症にご注意!子どもとのお出かけ時・ベビーカー使用時に気をつけたいこと

 

なにかと楽しいイベントが盛りだくさんの夏、子どもは暑くても外遊びが大好きです。

しかし、高温多湿な環境に長い時間いると、心配なのが「熱中症」ですね。今回は子どもが夏に外で遊ぶときの注意点をまとめました。

 

熱中症とは?症状となりやすい場所

熱中症にかかると、体内の水分や塩分のバランスが崩れて、体温調節がうまくいかなくなり、脱水症状や吐き気、体のダルさなどの症状が出ます。

特に子どもは大人に比べて体温調節する能力が未熟なので、注意が必要です。重症の場合は、命にかかわる危険性もあり、他にも以下のような症状が出ることがあります。

 

・頭痛、めまい
・大量に汗をかく、または、ほとんど汗が出ない
・筋肉痛
・けいれん
・意識がもうろうとする

 

熱中症になりやすい場所は、主に太陽が直接あたる高温なところや、風が弱いところなどありますが、屋外だけではなく、屋内でも注意する必要があります。
最近は電力不足で、省エネを意識して冷房を控える家庭がありますが、控えすぎると体温が上がりやすい環境になってしまいます。

扇風機などもうまく利用して、適切な温度でエアコンを使用することも大切です。

 

外へ行くときに、必ず持っていって!

お茶や水などを持っていき、いつでも水分補給できるようにしましょう。

また、汗をかくと水分だけではなく塩分もとらなければいけないので、塩分を含んだアメ玉などを一緒に持っていくのもいいです。

まだうまく食べられない赤ちゃんの場合は、スポーツドリンクなどを飲ませるようにします。


服装は、風通しがよく汗を吸い取りやすい生地を選びましょう。子どもはすぐに汗をかくので、何枚か着替えを持っていくのがオススメです。

 

ベビーカーを使うときに気をつけたいこと

ベビーカーに乗っていると、子どもは地面からたくさんの熱を受けることになります。

株式会社アップリカの調査によると、気温38.1度の真夏日、地面の温度が51.2度の時、従来のベビーカーの高さの温度は40度前後となることが分かりました。


子どもを守るためには、なるべく気温が上がる時間帯の外出を控えるか、出かける時にはベビーカーに専用の保冷材つきシートをつけたりすることが大切です。

太陽があがる10時~15時の間は特に注意しましょう。

 

子どもの様子はよく観察しよう

時間帯や水分補給などを気をつけていても、その時の子どもの体調によっては熱中症になってしまう場合もあります。

大人は、常に子どもの様子をよく観察して、いつもと違う様子の時はすぐに対応できるように、暑さ対策をしっかりして夏を乗りきりましょう。


(参考:アップリカチルドレンズプロダクツ合同会社「地表からの高さとベビーカー表面温度の関係」の調査

 (Photo by:pixabay

著者: hanasuzumeさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

1~2歳に関する記事

旅行・遊びに行くのに車を使っての長距離移動…準備しておきたい子どもたちへの対応って?

ちょっと遠くにプチ旅行!しかし、新幹線で行くには、目的地での移動が困るし、飛行...

夏のおでかけ。紫外線対策をしっかりと!

ねんね期の赤ちゃんはそれほどまでに外に出ないかと思いますが、たっちができるよう...

1~2歳の体験談

辛くないゆるゆる公園デビュー

歩くようになる一歳代から公園に行くことが多くなります。 子どもを公園に連れていってあげたい。 ...

1歳☆水族館デビュー

夏は暑くて行く場所に困りますよね・・・動物が大好きなわが子なのですが、動物園もこの暑さではいけないし...

カラダノートひろば

1~2歳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る