カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 幼児食 >
  4. これって夏バテ?食欲がない子どもに、元気に食べてもらう方法

育児・子供の病気

これって夏バテ?食欲がない子どもに、元気に食べてもらう方法

毎日暑い日が続くと、子どもでも疲れやすかったり、食欲がなくなったりして、いつもどおりの食事を食べてくれないことがあるかもしれません。

そんな「夏バテ」になったとき、ためしてほしい食事のとり方のポイントと、大人も子どもも体に嬉しい食材をまとめました。

 

そもそも夏バテって?夏の体に起こっていること

夏バテは、自律神経の乱れが原因となり、引き起こされる様々な症状のことをいいます。

冷房のきいた家の中から暑い外へ出るとき、その気温差に体がなかなか順応できないことも自律神経の乱れにつながります。

ほかにも、暑い夜の睡眠不足や、十分な水分補給ができず体が水分不足になるなど、夏に起こりやすい様々な原因が夏バテを引き起こします。

 

毎日の食事のとり方で意識してほしいこと

暑いときはどうしてもジュースやアイスなど、冷たいものが欲しくなりますよね。しかし、冷たい食事は胃腸の機能を低下させてしまうので、注意が必要です。

また、ジュースは糖分が多いため血糖値が上がりやすく、これは食欲が下がる原因にもなります。

あたたかいお茶などがオススメですが、子どもがあたたかいものを嫌う場合には、せめて室温くらいにしたお茶をあげるようにしましょう。

 

疲れをとる食材で暑さを乗りきろう!

果物の中でも、特に柑橘類には「クエン酸」が含まれています。これは食欲が出る成分なので、例えばグレープフルーツやキウイなどを、一日のはじまりの朝食に取り入れるのもいいでしょう。
ほかにも、夏バテ予防には「ビタミンB1・B2」「ナイアシン」という成分が有効です。

これらはハム、納豆、卵、乳製品、カツオ、マグロ、ブリなどの食材に多く含まれています。

 

つらい夏のストレスに強くなる食材って?

ストレスがたまると、胃腸の機能が低下してしまうこともあり、これが夏バテの原因にもなります。

そんなときは、ビタミンCが多く含まれる食材を取り入れましょう。ビタミンCは体をストレスに強くしてくれるので、夏バテ予防にぴったりです。

 

レモンやグレープフルーツなど、酸味のある果物のほかに、夏野菜にも多く含まれます。ゴーヤ、トマト、枝豆など、旬の食材もうまく利用しながら暑い夏を美味しく乗りきりましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: hanasuzumeさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

幼児食に関する記事

見た目だけじゃなく中身も大事!園児のお弁当の正しい量・栄養バランスを知ろう

お子さんが幼稚園や保育園に通うようになったら、お弁当生活がスタートする可能性が...

子供の食育の大切さ!朝食を食べない子供が増えている?!

昔から言われるように、健康的な生活は1日3食きちんと食べて、適度に運動する事...

幼児食の体験談

美味しい手作りおやつ!

子どものおやつって、悩みませんか? 小さい時は、朝の10時におやつ、15時におやつ、と規則正しいリ...

ズボラでも簡単、スープジャーでおやつ作り

スープジャーで離乳期から幼児期、大人まで食べられる 暑い時期におすすめの簡単おやつをご紹介します。...

カラダノートひろば

幼児食の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る