カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 多胎(双子) >
  4. ベビーシッターを利用してリフレッシュ!多胎児ママのための嬉しい助成

妊娠・出産

ベビーシッターを利用してリフレッシュ!多胎児ママのための嬉しい助成

子どもを育てるのは1人でも大変ですが、同じ年齢の子どもを2人同時に育てるとなると、その大変さは倍増です。

ですが、ただただ大変というだけではなく、それをサポートしてくれる事業というのもあります。

 

双生児等多胎児家庭育児支援事業

双子を育てているならば、ぜひ利用したいのがこの制度です。

社会法人全国ベビーシッター協会が行っている制度で、双子や三つ子などの多胎児の保育をしている保護者に対して、リフレッシュのため、ベビーシッターを利用できるというものです。

 

>どんな人が利用できる?

・保護者のどちらかが社会保険適用である(つまり自営業や公務員は対象外)

・義務教育前の多胎児(多胎児以外の児童を含む)を扶養している

 

>どんな助成が受けられる?

児童の育児のための育児支援サービスを利用した場合、その費用の一部、または、全部を助成するというのがこの制度です。

 

具体的には、育児支援サービスを利用した場合の割引金額は9,000円、または、18,000(義務教育就学前の多胎児が3人以上の場合)の割引券を企業に発行します。

これが1回につき、1家庭1枚使用可能で、年間2枚まで使用できます。

 

ただ、双子のほかに義務教育前の兄弟姉妹がいるなど、特別な理由がある場合には、年間4回まで使用することができます。

 

>どうやって利用するの?

「双生児等多胎児家庭育児支援事業」の「割引券申込書」をダウンロードし、手順に沿って必要事項を記入し、必要書類を同封して、全国ベビーシッター協会に送ります。

そうすると割引券が送られてきます。

協会が指定するベビーシッター事業者の中から利用したい会社を選び、割引券を使用して利用すればOKです。

 

リフレッシュはしなければダメ!

双子でなくても育児の世界の中にどっぷりはまって、精神的に疲労がたまっていってしまいます。

 

ワーキングマザーの場合、仕事の疲れと育児の疲れでパンク寸前という人もいるでしょう。

そんなときには、ママではなく、ひとりの人間としてリフレッシュすることはとても大切です。子どもたちのためにも、こうした制度は積極的に活用していきましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

多胎(双子)に関する記事

双子を妊娠したい!双子を妊娠するための「自然じゃない方法」を紹介!

子どもは「授かりもの」とよく言われます。 それはどんなに望んでも出来ないと...

命を救うために子どもの数を減らす「減数手術」手術のメリットとデメリットとは

  一度に2人や3人の赤ちゃんを授かったら、嬉しさも2倍になるかもしれません。...

多胎(双子)の体験談

あれ?全然体重減らない!産後の私のおなかの様子

結局出産前には全部で14キロ増加しました。娘のときは12キロだったので双子だったことを考えるとまぁ優...

双子を妊娠32週で出産。未熟児、どうなる!?

私は28週で切迫早産と診断され、寝たきり入院生活に入りました。そして33週になろうかというところで急...

カラダノートひろば

多胎(双子)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る