カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. その他 >
  4. 2015年6月から変更!自転車走行のルールを要チェック!

健康診断・健康管理

2015年6月から変更!自転車走行のルールを要チェック!

自転車は車の運転免許のようなものがありませんので、練習をすれば小さな子どもだってどこでも乗れます。

しかし、結構スピードの出る自転車は、自動車と同じように凶器にもなりえます。

そのため、それによる事故もあるのは事実です。

 

6月から自転車のルールが厳しくなる!

201561日から道路交通法が改正され、自転車の取り締まりが強化されます。

道路交通法において自転車は軽車両という扱いですので、違反をすれば当然子どもでも、取締りの対象となりえます。

 

6月から変わる「講習の義務付け」

自転車を運転していて切符をきられるということはなく、違反した場合には罰金を払うということしかありませんでした。

しかし6月からはこれに相当することがありえます。

 

罰金の支払いに加えて、危険な運転を繰り返す運転者に対して、安全運転をするための講習を義務づける制度がはじまるのです。

これは子どもであっても14歳以上であれば対象になります。

 

講習ってどんなもの?

この義務づけられた講習というのは、自動車の場合とはちょっと形が違います。

具体的には3年間のうちで2回の摘発をされたとき、安全講習を受講しなければならなくなります。

このときに手数料の5700円を徴収され、3時間の講習の後、最後にテストを受けるといった形になります。

 

走行するときの注意点

では具体的にどんな走行が取締りの対象となるのでしょうか?

意外にやってしまっていることもありますから、頭に入れておきましょう。

分かりにくいものは具体例を補足しています。

 

1 信号無視

 

2 通行禁止違反

(歩行者天国などは自転車で通ってはダメ)

 

3 歩行者専用道での歩行者妨害等

 

4 歩道通行や車道の右側通行等

(道路の左側を通行しなければダメ)

 

5 路側帯での歩行者の通行の妨害

 

6 遮断踏切への立ち入り

 

7 左方者優先妨害・優先道路車妨害等

 

8 右折時、直進車や左折者への通行妨害

 

9 環状交差点安全進行義務違反

(環状の交差点では徐行し、逆回りをしてはダメ)

 

10 一時不停止

(止まれの標識や一時停止が必要な場所では一旦止まり、足を地面につけなければダメ)

 

11 歩道での歩行者妨害等

(自転車で補導に入るのは原則禁止)

 

12 ブレーキのない自転車の運転

 

13 酒酔い運転

 

14 安全運転義務違反(傘さし運転・スマホのながら運転はダメ)

 

被害者にも加害者にもなるリスク

自転車で走行することは、事故の被害者になるどころか、加害者になる可能性も大いにあります。

子どもの場合知らないでやってしまっていることもありますが、子どもだからといって「知らなかったでは済まされない」のです。

 

また最後の安全運転義務違反は、警察官が危険だと感じた場合、どんなシチュエーションも違反になる可能性があります。

結局車と同じ、譲り合いの気持ちや思いやる気持ちを持って運転することが必要だということかもしれませんね。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

薬の分割向き不向き、薬の分割に役立つツールと注意点についてまとめ

錠剤は、1回の服用量を減らしたい場合や嚥下障害がある場合など、分割を行う方法...

何とかしたい玄関の嫌な臭い…意外な原因が隠れていた?臭いを消すにはこれが効く!その対策とは

玄関に入った時に、鼻につく嫌な玄関臭。消臭グッズは置いているのに、それでも臭う...


テトロドトキシンを持つのはフグだけじゃなかった!?

  テトロドトキシンという毒物は、日本人なら誰もが聞き覚えがあるのではない...

アシドーシスとアルカローシスって何?

    人間の体はpH7.40(±0.05)に保たれていて、これを酸塩基平衡と言...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る