カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. メタボ・肥満 >
  4. 食事療法 >
  5. 生活習慣病を改善する脂肪細胞!温州ミカンが脂肪細胞に効く?

生活習慣病

生活習慣病を改善する脂肪細胞!温州ミカンが脂肪細胞に効く?

生活習慣病に深く関係しているのが、脂肪細胞という細胞です。

これは生活習慣病を引き起こすという意味においてもそうですし、生活習慣病を予防するという意味においてもそうです。

 

生活習慣病を「引き起こす」し、「予防」する脂肪細胞

脂肪細胞は脂肪の固まりを持っている細胞のことです。この細胞には以下のような特徴があります。

 

この脂肪細胞が脂肪を「持ちすぎている」と起こるのが、肥満であり生活習慣病です。

一方で、この脂肪が「適正量」の場合には、脂肪から生活習慣病を予防する物質が出ます。

ちなみに脂肪細胞が持っている脂肪が「少ない」場合には、生活習慣病を予防する物質が十分に分泌されません。

 

生活習慣病を予防したり、上手に付き合っていくという状況の場合、この脂肪細胞との関わりを考えていく必要があります。

 

生活習慣病の予防改善に「β-クリプトキサンチン」という成分

温州ミカンの色素成分であり、カロテノイドの一種であるβ-クリプトキサンチンは、肥満やメタボの予防改善に効果的だという結果が得られています。

というのもβ-クリプトキサンチンは脂肪細胞の肥大化を抑えるブレーキの役割を持ち、かつ、骨格筋での脂肪燃焼を助けるという役割も持っているのです。

 

生活習慣病だけではなく、骨粗しょう症を予防する効果なども期待され、近年健康機能が期待されている成分でもあります。

 

どうやって摂取する?

β-クリプトキサンチンは食品やサプリメントという形で摂取ができます。

食品であれば、

・温州ミカン

・でこぽん

・ぽんかん

・パパイヤ

などに多く含まれ、体内での吸収効率もよいです。

もちろんサプリメントという形で摂取するのでもよいでしょう。

 

上記であげた果物は天然の成分ですので、心配なく食生活の中にとり入れられるのも嬉しいですよね。

また、体内での蓄積期間が長いため、一定期間摂取できなくても、継続して健康な状態でいられるという点も嬉しいですね。

 

高機能な食品に期待!

β-クリプトキサンチンを含む温州ミカンなどは、それを食べることによって健康効果が得られるため、高機能食材とされます。

そうした食材に対する注目は集まっており、薬で効果を発揮するよりも天然のもので十分な効果を得られる点が嬉しいところです。

 

生活習慣病が気になるという人は、こうした高機能食材へのアンテナをはっておくのもよいでしょう。

 

(Photo by:pixabay )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

食事療法に関する記事

中性脂肪を下げるために!気を付けなければならない飲み物

  中性脂肪は、値が多いと動脈硬化性疾患のリスクが高まります。健康診断では...

抗酸化成分が豊富!「豆苗と厚揚げのボリュームヘルシー炒め」

「豆苗(とうみょう)」。みなさんは食べたことありますか? 読んで字のごとく...


にんにくの成分が中性脂肪が溜まるのを防ぐ?!生活習慣病の予防

    にんにくは多くの健康食品で使用されています。にんにくにはそれだけの健...

知っておきたい、食事療法のかなめとなる2つの概念

  メタボリックシンドロームの治療法も基本は食事療法にあります。これは生活習慣...

カラダノートひろば

食事療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る