カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 各種制度 >
  4. 東京23区の子ども医療費支援を比較!子どもを育てやすいのはどこ?

育児・子供の病気

東京23区の子ども医療費支援を比較!子どもを育てやすいのはどこ?

子どもの育てやすさというのは地域によって違いますよね。

それは各自治体が子育て支援にどれくらい力を入れているかによって、大きな差が出てくるためです。

ここでは、東京23区の子ども医療費支援を比較しました。子どもを育てやすいのはどこの地域なんでしょうか?

ぜひ育児の目安にしてみてくださいね。

 

東京都の子ども医療費助成ってどうなってるの?

自治体が打ち出す子育て支援の中でも、子どもの医療費助成というのはひとつの目玉でもあります。

特に東京都は助成の内容において全国的に先を行くところです。

東京都の子ども医療費助成というのは、大きく分けて下記の2つに分けられます。

 

1. 小学校に就学するまでの、乳幼児医療費助成

2. 小学生・中学生の義務教育就学児医療費助成

 

乳幼児医療費助成は、入院や通院での健康保険の自己負担分が全額助成になります。

義務教育就学児医療費は、入院が健康保険の自己負担額が全額助成、通院が健康保険の自己負担額から一部負担金を控除した額を助成になります。

 

自治体によって差が出る助成内容

東京都としては上記のような助成の内容が決められていますが、東京23区ではこうした助成内容に上乗せする形で、各自治体が助成の特徴を出しています。

以下にその特徴を見てみましょう。

 

>入院時の食事代も助成してくれる区

中央区・港区・新宿区・台東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・豊島区・北区・練馬区・葛飾区・江戸川区(葛飾区は保護者の所得によって変わる・豊島区は乳幼児のみ)

 

>一方、入院時の食事代は自己負担となる区

千代田区・文京区・墨田区・江東区・中野区・杉並区・荒川区・板橋区・足立区

 

>高校3年生まで対象を拡大している区

上記を見ると分かる通り、助成の対象は義務教育の中学3年生までになります。

ただ、千代田区と北区はその範囲を高校3年生まで拡大しています。

千代田区は入院も通院も自己負担額が助成され、北区は入院のみが助成の対象になっています。

 

子どもを育てる親には嬉しい!

 子どもを育てるのにはどうしたってお金がかかりますよね。

特に小さいうちは病院のお世話になることも多いと思います。

その医療費負担分が小さくなるというのは本当にありがたいと思います。

ここでの紹介は東京23区に限ったものですが、住む場所を決めるときには、こうした点も参考にできるとよいですね。

 

(Photo by:pixabay

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

各種制度に関する記事

子どもが心臓病…小児心疾患を支える医療費補助制度はどんな支給があるの?

子どもが心臓病の手術する場合、国や都道府県からの補助を受けることができま...

待機児童問題を解決!?新しく制定された「子ども・子育て支援新制度」とは

待機児童の増加など、日本での子育て問題は深刻なものとなっています。 その問題を...

各種制度の体験談

赤ちゃん産んだらやらなきゃ損!確定申告「医療費控除」

確定申告って何?面倒くさい!という方は多いと思います。 私自身働いていたときは会社に任せきりで自分...

新生児期の助産師訪問

多くの自治体でも取り組んでいるのかもしれませんが、私の住む自治体では、初産の母親を対象に生後一か月を...

カラダノートひろば

各種制度の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る