カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 行事 >
  4. 七五三の由来とは?知っておきたいお祝いの基礎知識

育児・子供の病気

七五三の由来とは?知っておきたいお祝いの基礎知識

「七五三」は、子どもがこれまで成長してくれたことをお祝いし、これからも健やかに育っていくように願う行事です。

子どもとその家族にとって特別なイベントですが、そもそもの由来をご存じでしょうか?

今回は、七五三の起源や、お祝いするときに知っておきたいことをまとめました。

 

七五三のはじまりは平安時代

もともとは貴族や朝廷など、位の高い人々が行っていた行事です。

「七五三」の数字(年齢)にはそれぞれ意味があったようです。

 

三:「髪置き(かみおき)」男女とも三歳になると、髪をのばしはじめる。

 

五:「袴着(はかまぎ)」男の子が五歳になって、はじめて袴を着る。

 

七:「帯解き(おびとき)」女の子が七歳になって、着物の付け紐をとり、キチンとした帯を使いはじめる。

 

その後、江戸時代には武士や商人も行うようになり、さらに多くの人へ広まったのは明治時代より後のことでした。

 

昔は、子どもが幼いころに命をおとしてしまうことが多かったため、親たちはわが子が無事に成長してくれたことを、大変ありがたく感じていたようです。

 

お参りはいつごろ?年齢は?

11月15日にお参りをすることが一般的ですが、平日などで家族の都合がつかないときは、11月中の土日祝日を利用してお参りにいく家庭も多いようです。

また、混雑をさけて、10月からお参りをする人もいるようです。

子どもの様子や天候なども考えて、都合のいい日を選ぶのがいいでしょう。

 

また、昔は数え年で祝うことが多かったようですが、今は満年齢でお祝いすることも一般的です。

男の子は三歳、五歳。女の子は三歳、七歳となります。

 

ただ、数え年か満年齢かについては、地方によっても違いがありますので、親族の方などに相談してみるのがいいでしょう。

 

お祝いってどんなことをするもの?

七五三のお参りでは、近所の氏神様が祭ってある神社へ行き、ご祈祷をうけるのが一般的です。

しかし、神社は必ずしも決まっているわけではないので、有名な神社などへお参りに行く家庭もあります。

いずれにしても、前もって予約などが必要かどうか調べておく必要があります。

 

お参りの後は、それぞれの家庭でお祝いをします。

自宅に戻ってお祝いをすることもありますが、今はホテルやレストランなどで七五三の食事プランを出しているところもあり、子ども向けのメニューでお祝いするところもあるようです。

 

七五三は、今も昔も、親が神様に子どもの成長を感謝するとてもすばらしい行事ですね。

子どもにとっても、自分が成長したことを自覚できる嬉しい行事でもあるのではないでしょうか。

衣装や神社選びなど、親はいろいろと準備がありますが、子どもと一緒に楽しくプランをたててみましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: hanasuzumeさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

行事に関する記事

どうやってお祝いする?姉妹なら雛人形はそれぞれ?女の子の初節句までに知っておきたいこと

 女の子は桃の節句(3月3日)、男の子は端午の節句(5月5日)にお祝いする節句が...

どう作る?一生に一度しか作れない、赤ちゃんの「誕生筆」の持つ意味

赤ちゃんの「誕生筆」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 誕生筆や胎毛筆と...

行事の体験談

必見☆スタジオアリスの裏技!

お宮参り、百日、ハーフバースデー、初節句、お誕生日、七五三… 写真撮影をする機会ってたくさんあ...

1歳★誕生日【ケーキ編】

初めての誕生日、記念に残るものにしたいですよね。 息子のために作ったものだからと思い、普段なら...

カラダノートひろば

行事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る