カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 行事 >
  4. 七五三の服選び、神社へ渡すお金、お祝いにかかるお金の金額はどうする?

育児・子供の病気

七五三の服選び、神社へ渡すお金、お祝いにかかるお金の金額はどうする?

子どもの成長をお祝いする行事の一つ、七五三。

準備のとき、親がまず考えるのは、わが子に何を着せるか?ではないでしょうか。

また、神社で行う神聖な行事ですから、家族も主役の子どもを引き立たせる服装でお参りすることが大切です。

 

神社へ渡すお金や、お祝いのお金にかかわることも一緒にご紹介したいと思います。

 

着物?洋服?子どもの正式な服装とは

一般的には、着物が正式な服装とされています。年齢や男女によって、次のようになります。

 

・三歳、五歳の男の子

 紋つきの羽織、袴が一般的です。扇子や懐剣を身につけます。

 

・三歳の女の子

 晴れ着の上に、帯を結ばず「被布(ひふ)」というベストのようなものを羽織ります。手には巾着などを持ちます。

 

・七歳の女の子

 本裁ち(大人の寸法)の着物に、本格的な帯を結びます。

胸には、はこせこと扇子、手にはハンドバッグを持ちます。

 

ただし、子どもの様子なども考えて、洋服を着せることも最近は多いようです。

子どもが疲れないように、無理なく一日を過ごせることを一番に考えてあげましょう。

また、写真撮影のスタジオなどで、衣装をレンタルできる場合もあります。

 

親は子どもを引き立たせる服装を選んで

七五三の主役は子どもです。お母さんが着物を着る場合は、訪問着・付下げ・色無地のものを選びます。

また、洋服の場合はカラーのフォーマルスーツやワンピースにジャケットなど、落ち着きのある装いにします。

 

お父さんは、ビジネススーツにネクタイを着用する人が一般的です。

ただし、お母さんがフォーマルで決めている場合は、なるべくお父さんもフォーマルスーツを選ぶなど、夫婦でバランスをとることも考えましょう。

 

神社への初穂料とは?

初穂料(はつほりょう)とは、神社でご祈祷をうけた際に渡すお金のことです。

神社によって金額はまちまちですが、5,000円程度から受け付けているところが多いようです。

 

今は、七五三のプランとして写真撮影・ご祈祷・着物レンタルなどパックで受け付けている場合もあり、パック料金に初穂料が含まれていることがあります。

プランを利用しない場合は、神社で予約をするとき、前もって確認してみましょう。

 

お祝い金はどうする?

お祝い金は、子どもの祖父母など近しい親族からもらうことが多いようです。写真撮影費や衣装代として、現金を贈ることもあります。

 

内祝いとして、いただいたお金の半額ほどを目安にお返しをすることも考えておきましょう。

 

一人目のお子さんであれば、親にとっても初めてのことが多い行事ですが、家族みんなで悔いなく楽しい一日を過ごせるように、キチンと下調べをしておきましょう。

分からないことは祖父母などに相談して、自分たちの七五三がどんな様子だったか聞いてみるのもいいですね。

 

(Photo by:pixabay

著者: hanasuzumeさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

行事に関する記事

どう作る?一生に一度しか作れない、赤ちゃんの「誕生筆」の持つ意味

赤ちゃんの「誕生筆」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 誕生筆や胎毛筆と...

産まれてからちょうど6カ月♪ハーフバースデーってどんなお祝い?

  子どものお世話をしていると、毎日のようにその成長を感じることと思いますが、...

行事の体験談

必見☆スタジオアリスの裏技!

お宮参り、百日、ハーフバースデー、初節句、お誕生日、七五三… 写真撮影をする機会ってたくさんあ...

1歳★誕生日【ケーキ編】

初めての誕生日、記念に残るものにしたいですよね。 息子のために作ったものだからと思い、普段なら...

カラダノートひろば

行事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る