カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 体外受精(IVF) >
  5. 体外・顕微受精って?そのメリット・デメリット

妊娠・出産

体外・顕微受精って?そのメリット・デメリット

夫婦のつながれた手

「試験管ベビー」などという言葉が奇異の目で見られていたのも一昔前のこと。現在は、科学技術の向上に伴い、妊娠を補助する手段が多種多様にわたるようになってきました。体外受精・顕微受精もそれに含まれます。


しかし、言葉は知っていてもその内容や違いまでは、意外と知られていないのが実情ではないでしょうか。

 

体外受精・顕微受精とは

自然妊娠がなかなかできない場合、あるいは、男性・女性どちらかの身体の機能不全があるために、通常の性行為が行えない場合などに、体外で受精を行わせ、成立した受精卵を女性の子宮内に戻して着床を待つのが広い意味での体外受精であり、狭い意味での体外受精と顕微受精の両方が含まれます。

このうち狭い意味での体外受精では、卵子が入っているシャーレに多数の精子をふりかけ、自然に受精するのを待ちます。


これに対し顕微受精では、同じく体外で受精を行わせるところまでは同じですが、不特定多数の精子を卵子にふりかけるのではなく、顕微鏡で目視して動いているのが確認できる精子を1個だけガラス管で吸引し、卵子の細胞質内に直接注入します。


このため、男性側で精子の数が少ない・運動率が悪い、といった場合には顕微受精が選択されます。

 

メリット・デメリット

どちらも、自然妊娠をあきらめざるを得ない夫婦にとって、非常に心強い手段といえます。しかし、確実に卵子を採取するためには排卵誘発剤の使用が不可欠ですし、連日の痛い筋肉注射や、採卵時の痛みなど、どうしても女性側の心身に大きな負担がかかります。

また、妊娠するためには手段を選ばない、というところまで精神状態が追いつめられると、男性の採精時の配慮に欠けることもあるようです。男性もデリケートなのですから、「ハイ、じゃあ採ってきて!」とデリカシーのかけらもなくシャーレを渡されるようなことが繰り返されると、次第に妊活に及び腰になる方も出てくるでしょう。


お互いにお互いの心身をいたわりあうことを、決して忘れないようにしたいものですね。

加えて、金銭的な負担もあります。治療を行うクリニックによって、また、採取できた卵子の数や状態などによって上下しますが、およそ10万~100万円の費用がかかります。


厚生労働省の「特定不妊治療費助成制度」により、いくつかの条件を満たせば1回の治療につき15万円、通算で6回まで補助を受けることができますが、大きな負担であることは確かです。

 

 

夫婦の子を持つことへの思い、金銭面での状態の確認、心身への負担の覚悟。
また、妊娠する確率が自然妊娠に比べて格段に上がるというものでもないことへの理解。


体外・顕微受精を開始するにあたっては、様々なことを認識し、覚悟したうえで臨む必要があります。人生を見つめなおす大きなきっかけといっても過言ではないのではないでしょうか。

 

 

(Photo by:足成

著者: frannygさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

体外受精(IVF)に関する記事

そんな方法もあったの?!精子凍結ってどんなもの?

ヒトの精子凍結保存は、とても古い歴史をもっています。 1953年Bunge a...

【不妊治療体験談】体外受精 受精卵を戻す日

  体外受精はおよそ以下のような流れで進みます。採卵、採精 → 体外受精(顕微...

体外受精(IVF)の体験談

初めての体外受精◇スケジュールと採卵の結果

不妊治療の病院に通院を初めて1年以上経っても授かる気配はなし。 お薬もクロミッドからフェマーラに変...

不妊治療*この約8ヶ月のメンタル

いろんな気持ちが混ざり合っていましたね 4月 仕事を辞めました。 夫ちゃんの精索静脈瘤の術後...

カラダノートひろば

体外受精(IVF)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る