カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 体外受精(IVF) >
  5. 最新の受精卵培養技術!タイムラプス エンブリオスコープって何?

妊娠・出産

最新の受精卵培養技術!タイムラプス エンブリオスコープって何?

 

体外受精を行うとき、受精卵はインキュレーターと呼ばれる人工孵化器に入れて培養されるのですが、1日に1回程度、受精卵の状態を顕微鏡で確認するために、インキュレーターから取り出さなくてはなりません。

 

しかし、外気に触れることは、受精卵には大きなストレスとなります。タイムラプス エンブリオスコープはこの問題を解決する新しい受精培養技術です。

 

タイムラプス エンブリオスコープって?

タイムラプス(Time-laps)とは、設定した時間の間隔で自動的にカメラのシャッターが押されて画像が記録される「コマ撮り」技術のことです。コマ撮りされた画像をつなげると動画のように見れます。

 

エンブリオスコープ(Embryo Scope)とは、受精卵観察用のカメラを搭載した最新型のインキュレーターで、培養中の受精卵の成長を記録することができます。このとき通常のインキュレーターのように開けて受精卵を取り出す必要はありません。タイムラプス エンブリオスコープでは、培養中の受精卵の成長過程を動画のように観察できるのです。

 

タイムラプス エンブリオスコープを使うメリット

通常のインキュレーターと違い、完全移植や胚の凍結までを顕微鏡下で観察しなくても良いため、外気に触れさせず一定の環境を維持した培養が可能となります。また、受精時に核が出現するタイミングや受精卵の分割のタイミングなどの成長過程を詳しく観察できるため、良質な受精卵を選ぶことができます。

 

スペインとデンマークで受精卵を使って行われた臨床研究では、正常に発育した受精卵の着床と比較して、5時間以内に発生する第2分裂周期というものを持つ受精卵の着床が著しく減少すると報告されています。

 

着床の可能性の低い受精卵の移植を減らすことは妊娠率を高めるためにとても重要であり、タイムラプス エンブリオスコープを使用することで妊娠率の向上が期待できます。

 

 

体外受精が何度も失敗しているケースなどでは、妊娠の確率を高める方法として有効ですが、最新の培養技術であるため全ての病院が導入しているわけではないようです。また、追加料金が発生する病院もあるようですので、選択肢の一つとして病院側からよく説明を受けて検討してみてください。

 

(Photo by://www.ashinari.com/) 

著者: ponpon_pandaさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

体外受精(IVF)に関する記事

【不妊治療体験談】体外受精 受精卵を戻す日

  体外受精はおよそ以下のような流れで進みます。採卵、採精 → 体外受精(顕微...

体外受精、顕微授精の初期胚移植。そのメリット、デメリットとは?

体外受精や顕微受精を行う際、医師とスケジュールを組んで何度も病院に足を運びなが...

体外受精(IVF)の体験談

初めての体外受精◇スケジュールと採卵の結果

不妊治療の病院に通院を初めて1年以上経っても授かる気配はなし。 お薬もクロミッドからフェマーラに変...

不妊治療*この約8ヶ月のメンタル

いろんな気持ちが混ざり合っていましたね 4月 仕事を辞めました。 夫ちゃんの精索静脈瘤の術後...

カラダノートひろば

体外受精(IVF)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る