カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 認知症 >
  4. アルツハイマー >
  5. 病院 >
  6. >
  7. 認知症に効果あり?!関節リウマチの薬と降圧利尿薬の効果とは

介護・認知症

認知症に効果あり?!関節リウマチの薬と降圧利尿薬の効果とは

 

主作用として認知症の治療に用いられる薬以外の薬でも認知症に効果がある場合があります

 


関節リウマチの薬


慢性関節リウマチの患者さんで長期にわたって抗炎症作用のある薬を服用している患者さんは、他の患者さんに比べてアルツハイマー型認知症を発症する確率が低いことが報告されています。


アルツハイマー型認知症の病態には何らかの炎症性の変化が関わっていることが明らかになっており、まだ抗関節リウマチがどのような働きによって症状を抑えているのかは不明ですが、今後の研究によっては大きく注目を集めそうな薬です。

 


降圧利尿薬


アメリカでは高血圧の治療薬の1つである利尿薬、特にカリウム保持性利尿薬(アルダクトンAなど)を服用して治療を行っている患者さんはアルツハイマー型認知症発症の危険性が低下していると発表されています。


アメリカの神経学雑誌「Archives of Neurology」(2006年)によれば、高圧利尿薬の使用によってアルツハイマー型認知症の発症を74%低下させていると報告されています。

 


認知症は様々な疾患が原因となって発症することもありますので、原因疾患の治療薬で認知症にも効果があるとなれば今後の有用性がかなり高くなります。


アルツハイマー型認知症はまだ作用機序が明らかになっていない部分が多い疾患ですので、今後の新薬の開発によって完治が望めるようになるかもしれません。

 

 

(Photo by //www.ashinari.com/2010/08/28-340442.php)

著者: yurikoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

薬に関する記事

認知症治療薬「メマリー」とは?~攻撃・幻覚・徘徊などの抑制に

アルツハイマー治療薬のひとつに「メマリー」という薬があります。これは従来薬であ...

抗認知症薬と介護の力で認知症へのアプローチ!

                        以前は、認知症の薬と言えば、...


先端認知症治療薬として期待される抗血小板薬『シロスタゾール』

  『シスタゾール』は蓄積する脳の老廃物を排出する?   近年、国立循...

アルツハイマー病の付随疾患「BPSD」に有効、「メマリーと抑肝散」

認知症の中で最もイメージしやすい症状(=中核症状)は「記憶障害・高次機能障害...

カラダノートひろば

薬の関連カテゴリ

薬の記事ランキング

人気体験談ランキング

介護・認知症のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る