カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 認知症 >
  4. アルツハイマー >
  5. 病院 >
  6. >
  7. 認知症治療薬「メマリー」とは?~攻撃・幻覚・徘徊などの抑制に

介護・認知症

認知症治療薬「メマリー」とは?~攻撃・幻覚・徘徊などの抑制に

アルツハイマー治療薬のひとつに「メマリー」という薬があります。これは従来薬である『アリセプト』や『レミニール』など賦活系の薬と異なり、鎮静系の作用を示すものです。脳の神経細胞を傷害してしまうグルタミン酸の過剰放出を抑制し、神経細胞を保護する効果があります。実際の効果や副作用とはどのようなものでしょうか?

 

メマリーは、神経細胞を傷害から守る

メマリーは、NMDA受容体(普段は活性化されないが、記憶形成時やアルツハイマー病では活性化される)への刺激を調整する作用があります。

 

記憶の形成時、神経細胞の隙間にはグルタミン酸という興奮性物質が上昇します。通常はやがて減少するため問題は起こりませんが、アルツハイマー病では持続的にグルタミン酸が溜まった状態となり、神経細胞が刺激でもたなくなり壊れてしまいます。

 

メマリーは、記憶形成のときは興奮性シグナルを通し、アルツハイマー病のときはシグナルをブロックするという臨機応変な働きをしてくれます。これによって、神経細胞を傷害から守ります。

 

<適応は?>

中等度~高度アルツハイマー型認知症の進行抑制(軽度の症例に使用すると、高率に頭痛が起こる。)

 

<副作用は?>

国内での治験結果(1,115例)では、以下が報告されています。

 

■一般的な副作用

【頭痛、肝機能異常、血圧上昇、血糖値上昇、転倒、浮腫など(いずれも1~5%未満の頻度)】

 

■重篤な副作用

【けいれん:0.3%、精神症状の悪化(頻度不明)など】

 

実際の臨床における使用感は?

数名の精神科医の見解によれば、メマリーの効果について以下と述べられています。

 

■基本的な性質

・メマリーは性格が穏やかになり不眠も改善する鎮静系である。

・フェルガードに似ている(ただ、効果の桁が違う)。

 

■処方について

・10人中半数は効果がないか悪化(=興奮)する。

・日本人では、服用量を減らすと症状が良くなるケースが多い(一般量より減量したほうが日本人には合う。5mg程度など)。

・認知症のBPSD(特有の諸症状)にはメマリーは適切である。

 

■代謝

・ほとんど代謝を受けず、投与量の57~82%は未変化のまま腎排泄される。

 

■副作用

・極端に頻度の高い副作用はあまりない。

・中毒疹(アレルギー反応)の発生は稀である(1%未満)。

 

最後に

メマリーは前述のように鎮静系の薬であり、興奮性の認知症の諸症状にはとても良くあっていると言います。他の薬と眠剤を併用していたのが、1剤のみで済むようになる場合もあるとのことから、該当症状がある場合一度主治医に相談してみると良いかもしれません。

 

(引用・参考ウェブサイト:認知症ねっと、kyupinの日記)

 

(photoby:pixabay)

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

薬に関する記事

認知症の治療方法

  症状の重症度によって治療法が異なります。   ・軽度および中等度ア...

ついに認知症専用サプリメントが登場!?認知症の症状の改善

      最近、TVや新聞で話題となっているのが、認知症専用に作られたサ...


アルツハイマー病の付随疾患「BPSD」に有効、「メマリーと抑肝散」

認知症の中で最もイメージしやすい症状(=中核症状)は「記憶障害・高次機能障害...

アルツハイマー病=3型糖尿病だった?!『インスリンでアミロイドβが分解できる』の真偽とは?

アルツハイマー病は、現在においても進行を遅らせるような対処療法しか存在していま...

カラダノートひろば

薬の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る