カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 健康管理 >
  4. 耳の病気になることも…耳かきのやりすぎは要注意!正しい耳かきのやり方

健康診断・健康管理

耳の病気になることも…耳かきのやりすぎは要注意!正しい耳かきのやり方

耳かきをしている最中や、したあとの「スッキリ」に快感を感じている方もいるかと思います。

しかし、耳かきが原因で耳を痛め、耳の病気になってしまうこともあります。

ここでは、耳かきをする際の注意点や、耳かきが原因で起こる病気についての話をしていきます。

 

耳かきは耳によくない?

耳あかを除去するためには耳かきが必要です。

しかし、下手なやり方で耳かきをするとかえって耳あかを耳の奥に押し込んでしまうことになります。

 

また、強めに耳あかを取ろうとして、耳の中を傷つけてしまうというケースもみられます。

 

耳あかは耳にとっていいもの!?

耳あかがたまりすぎると聞こえが悪くなったりと、耳の不調を生じてきますが、耳あかを汚いだけと考えるのは、大きな間違いなのです。

 

耳あかは、殺菌作用があったり、耳の表面の乾燥や、蚊などの小さな虫が耳の中に入るのを防ぐはたらきがあります。

また、耳の中を覆う組織はいつも新陳代謝を繰り返し、自浄作用を行って、ごみや耳あかを耳の外に出しています。

 

ですので、耳そうじをやりすぎると、自浄作用を妨げて、かえって耳あかがたまりやすくなるという悪循環をたどります。

 

耳かきが原因の病気

それでは、耳かきが原因で起こる病気を紹介していきます。

 

外耳炎

もっともよくおこる病気です。

 

耳かきや綿棒で外耳道を傷つけて起こる感染で、症状は「耳だれ」、「耳のかゆみ」、「耳の痛み」などがあげられます。

 

耳かきの際に傷ついてしまった外耳道の表面に、細菌が繁殖して炎症が発生します。

ひどくなると、耳鳴りや難聴が起こることがあります。

 

耳せつ

一般的に耳にできるおできのことをいいます。

触ると激痛が走ることもあります。

 

耳垢栓塞

耳あかが外耳をふさいでしまう病気です。

風呂あがりに綿棒を使用して押し込んでしまうことが多いようです。

 

頭痛

耳かきの時に綿棒を深くまで入れてしまうと、鼓膜から脳に反応して頭痛が生じることもあります。

 

感染症

耳かきが原因で皮膚を傷つけてしまうと、ウイルスが入ってきて感染症を起こすことがあります。

ひどくなり耳が腫れてくると、切除手術が必要な場合もあります。

 

正しい耳かきのやり方

耳の穴は骨の上に薄い皮膚がかぶさっているだけで、ガリガリやると目に見えない傷がつきやすくなります。

ここで、は正しい耳かきのやり方を紹介します。

 

綿棒を使いましょう

耳はデリケートなので、ソフトな触りごこちの綿棒がおすすめです。

 

無理にやらない

むずかしい耳あか取りは、無理にやると、逆に奥に押し込むことになりまねません。

 

やりすぎに注意

「気持ちいい」からといって毎日やると耳を傷めることになります。

1回で2~3分。月に1回やれば十分です。

 

 

 耳は快感を生じさせる迷走神経が走っており、耳かきはすればするほど気持ちよくなります。

しかし、耳かきのやりすぎは耳によくないだけでなく、大きな病気をまねくこともあるので、やりすぎには十分注意しましょう。

 

 

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

健康管理に関する記事

疲れはその日のうちにリセットしたい!帰宅後のお休みテクニックは?

仕事から帰って、眠りにつくまでの間、みなさんはどのように過ごしていますか?  ...

喫煙と同等のリスクがある『長時間座りっぱなし』、わずか5分の運動で防ぐ方法があった!

近年、米国の研究で『座位時間が長いと、寿命に関連するテロメア長が短縮し、死亡率...


体がダルい、重い…!そんな疲労にオススメの対処法は?

   朝の目覚めが悪い、肩コリがひどい、食欲がない…。 病気というほどではないけ...

静電気体質ってホントにあるの?

  乾燥する冬は「パチン!パチン!」と静電気が頻繁に起こるという方もたくさんい...

カラダノートひろば

健康管理の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る