カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 夏バテ対策 >
  4. 夏場はミルクや母乳だけではダメ!?「白湯」で上手に水分補給!

健康診断・健康管理

夏場はミルクや母乳だけではダメ!?「白湯」で上手に水分補給!

  

赤ちゃんの水分補給は、母乳やミルクで十分といわれています。

 

しかし、大人のわれわれでも、夏場になるとほかの季節にくらべ、水分補給をする機会が増えます。

 

赤ちゃんも、夏場はほかの季節以上に水分が必要です。

ふだんの母乳やミルク以外でも、水分補給をするべきではないでしょうか?

 

泣き方の異変には気づいてあげて

夏場にかぎらず、赤ちゃんはのどがかわけば泣きます。

大人とちがって、赤ちゃんや小さな子どもは、のどのかわきをことばでうったえることができません。

 

また、のどのかわきをほうっておくと、脱水症状を引き起こしかねません。

赤ちゃんはよく泣く生きものですが、泣き方の異変には注意しましょう。

 

大人よりも水分補給が必要!

赤ちゃんは大人よりも水分が多く、代謝が激しいため、体内の水分バランスを壊しやすくなります。

 

ですので、大人以上に水分が必要になります。

夏場の赤ちゃんの水分補給は、母乳やミルクだけですますと、水分バランスが崩れがちになるので注意しましょう。

 

とくに注意すべきは外出時

夏場でも室内で過ごせば多量の発汗を防ぐことができますが、おでかけなどの外出時は動いていなくても汗をかくので注意が必要です。
また、外出時は、すぐに、簡単に、普段どおりに、ミルクや母乳を与えられるとは限らない、という点も頭に入れておきましょう。

 

ミルク・母乳以外であげるべき飲みものは「白湯」

ミルク・母乳に加えて、水分補給が必要なときにあげるべき飲みものとして、「白湯(さゆ)」があげられます。

 

麦茶でも構わないのですが、麦茶は独特の苦味もあるので、乳児の場合まだ飲みづらい子もいるでしょう。

 

いっぽう白湯は、元々は「水」で、いちど沸とうさせたお湯を、常温程度まで冷ましたものです。

麦茶に比べて飲みやすく、衛生面でも安心だといえます。

 

生後2ヶ月頃からなら、白湯をあげても大丈夫なので、少し喉がかわいていそうなときに試しておくと、いざというときの練習になります。

 

飲ませ方は

哺乳瓶に慣れている子どもでしたら、そのまま哺乳瓶で抵抗なく飲むことができます。

また、ふだん哺乳瓶を使わない母乳の子どもは、乳首タイプのマグカップがおすすめです。

 

取っ手もついているので、持ちやすさも利点のひとつです。

子どもの成長にそって、ストロータイプのマグカップへと移行するといいでしょう。

 

 

水は生物にとってもっとも大事なものです。

よって、水分補給は生きていくうえで必要不可欠といえます。

 

赤ちゃんのうちは、自分の意思で水分補給をすることができません。

まわりにいる大人たちが、子どもの様子をしっかりと見て、上手に水分補給をしていかなければならないのです。

 

赤ちゃんのうちからの、上手な水分補給の仕方は、子どもが元気に育つためにとても大切です。

夏の暑い季節の「今」から、その意識を高めていきましょう。

 

 

(Photo by:pixabay

著者: zereさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

夏バテ対策に関する記事

そうめんは夏バテを引き起こす?夏に不足しやすい栄養素とは?

暑い夏がやってくると食べたくなるのがさっぱりしたもの。 夏の食べ物といえばそう...

朝活に運動で、夏バテ知らず!涼しい朝に運動をして、夏バテしにくい体を手に入れよう!

  夏は毎年暑さにやられてしまう、夏バテになってしまうという人は、朝活で運動をは...


夏バテ対策にも!辛い脚の疲れや冷えに効果的なツボはコレ!

室内で仕事をしていても足が冷えて悩まされたり、外で仕事をしていても、歩き疲れや...

夏の水分補給、飲みすぎで痙攣・昏睡!?『水中毒』について

夏は外出時だけでなく、室内においても高温多湿となり、過度の脱水と血管の拡張より...

カラダノートひろば

夏バテ対策の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る