カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. ストレス >
  4. よく耳にする精神病~ストレスが原因となる病気・種類・特徴的な症状まで~

メンタル

よく耳にする精神病~ストレスが原因となる病気・種類・特徴的な症状まで~

昔はただのやる気の問題や、その人の性格の問題で片づけられていたことが、今では病気の名前がつけられるようになりました。

今では身近な病気になったものもあり、決して他人事ではない病気と言えます。

 

精神病にはいろいろな種類がある

色々な種類のある精神病ですが、分類の仕方や医師の考え方などによって、分け方というのは変わってきます。

自閉症などは脳機能に問題があるために起こるものなので、心の病気という表現をしない医師も多くいます。

 

ここでは一般的によく聞く精神病の種類をご紹介します。

 

・人格障害

人格が著しく偏ることで、社会生活に支障が出る状態のことを言います。

これには、妄想性人格障害や、演技性人格障害・強迫性人格障害などの種類があります。

ただ、性格というのは人それぞれであり、その範囲をどこに決めるかというのは難しい問題です。

そのため、これを精神疾患に分類しないという考え方もあります。

 

<特徴的な症状>

・障害者本人にはあまり自覚がない

・融通が利かず、うまく社会に適応できない

・不安、抑うつ、薬物乱用などの症状に発展するが、それを他人のせいにする

 

・物質依存症

アルコール依存症や、ドラッグに依存するなどの障害です。依存によって生活に支障が出てしまいます。

他にもギャンブル依存症やセックス依存症などがあります。

 

<特徴的な症状>

・自分の意思では依存しているものから脱却できない

・禁断症状として、手の震え、幻覚症状、不眠、吐き気などが出る

・依存するものによっては、近親者に迷惑(暴力や金銭的破綻など)をかける

 

・統合失調症

昔は精神分裂病と言われていた、考えや気持ちがまとまらなくなる精神疾患です。

青年期に発症することが多いですが、タイプによっては30歳前後で発症が多くなることもあります。

 

<特徴的な症状>

>陽性症状

・妄想(見張られているなど)、幻聴(いない人の声がする)

・会話が成立しない

・些細な刺激に興奮したり、大声をあげたりする

 

>陰性症状

・気力がわかない、一日中何もしないで過ごす

・その場にふさわしい感情が出てこない(喜怒哀楽がわかない)

・人と関わることを避ける

・語彙が減り、比喩や抽象的な言い回しができなくなる

 

・解離障害

強いストレスや心の傷に対する防衛反応として現れると言われているもので、解離性同一性障害、つまり多重人格などがよく知られています。

 

<特徴的な症状>

・突然記憶を失う

・急に今いる場所から逃げ出し、その間の記憶や全ての記憶がなくなる

・本人以外の別の人格があらわれる

・自分の体から離れて、他人の目から自分を見ているように感じる

・手足が大きくなったように感じる

 

・気分障害

うつ病などが有名で、憂鬱な気分になったり、気分が高揚しすぎたりと言った症状がよく知られています。

躁うつ病、仮面うつ病、季節性うつ病などと言った種類があります。

 

<特徴的な症状>

>身体的症状

・肩こり、頭痛、疲労感

・不眠、食欲不振、体重減少、性欲減退

・便秘

 

>精神的症状

・極端な能力低下

・服装など自分の身の回りのことに気を使わなくなる

・会社へ来るときにはバリバリ仕事をするが、突然ぱったりと休む

・外では大丈夫だが自宅に戻ると気分が落ち込む

・秋から冬にかけて気分が落ち込むようになる

 

・社会不安障害

パニック障害などがよく知られていますが、自分ではコントロールの出来ない不安が続き、その症状が体にも現れます。

他にも広場恐怖症や閉所恐怖症などがあります。

 

<具体的な症状>

・ドアの鍵を閉めたか、何度も確かめないと気が済まず、それによって出かけられない(本人もばからしいと思っている)

・突然、不安発作に襲われる(発汗や息苦しさ、胸の痛みなど)

・特定の場所に行くのが怖く、近づくと不安発作に襲われる

・ガラスを隔てて社会に接しているような感覚がある

 

聞いたことがあるものがありましたか?

ここでは皆さんが聞いたことのあるであろうものを集めました。ただ、もちろんこの他にも精神病はたくさんあります。

 

例えば外傷後ストレス症候群(PTSD)や摂食障害なども精神疾患と言われます。

さらに病名がつかないものであっても、生活に支障が出るならばそれはもう病気ですので、困っていれば病名が見つからなくても一度お医者さんに相談してみてよいでしょう。

 

いたたた…舌が痛い!ストレスが原因で舌が痛くなる「舌痛症」とは

ストレスを感じたとき、体には色々な症状が出ることがあります。

そのひとつに「舌の痛み」があるのを知っているでしょうか?

病気として「舌が痛い」なんて聞いたことがないかもしれませんが、実際にこういった病気があるのです。

 

舌が痛くなる病気って何?

舌が痛くなる病気に、舌痛症(ぜっつうしょう)があります。

舌の痛みを感じたとしたら、何か歯に問題があるのではないかと考えたり、他の部分の症状が舌に出ているのではないかと考えるかもしれません。

しかし舌痛症は、舌だけに症状が出ます。

 

舌痛症の症状

舌痛症では一般的に以下のような症状が見られます。

・舌の先や縁に症状を感じ、ヒリヒリ、ピリピリといった痛みがある

・灼熱感やしびれを感じることもある

・焼けつくような痛みで表面だけに痛みを感じる

・痛みの出る場所は移動する

・毎日2時間以上繰り返し、それが3ヶ月以上続く

・症状を感じる場所に腫れ、赤み、炎症などは見られない

・食べているときや会話しているとき、集中しているときには症状が出ない

・夕方頃から症状が見られやすい

 

またこの他にも血液検査をしても異常が見られなかったり、神経の麻痺は見つからないといった特徴があります。

こうした痛みが他の病気などの原因なく起こっている場合、舌痛症と判断されます。

 

何が原因で起こる病気?

実は舌痛症の原因ははっきりとは分かっていません。

ですが、発症する人の特徴を見ていくと、心因性の病気ではないかと考えられています。

舌痛症を発症する人の特徴としては、精神的ストレスを抱えている人が多い傾向があります。

 

何らかの強いストレスを受けた後に舌痛症を発症するのです。

ストレスの原因としては、リストラや家族との死別などが多いようですが、歯科治療が発症のきっかけになることもあります。

歯科治療を受けて口の中が変化したことがストレスになり、それが知覚神経の混乱を生じさせ発症すると考えられています。

 

さらにストレスを感じやすい更年期の女性にも多く見られる傾向があります。そのためホルモンバランスや、自律神経とも関係があるのではないかと考えられています。

 

舌痛症の治療法は?

原因が分かっていない分、はっきりと治療法が確立されているわけでもありません。そのため、気長に付き合っていかなければならないケースも多くあります。

治療の方法としては漢方薬が効いたり、精神安定剤が効いたりします。

 

特定の治療を開始してもすぐに治るものではありませんので、過度な心配をせず(気にし過ぎは悪化を招きます)、治療を続けていくことになるでしょう。

いずれにしても、なかなか理解されにくい病気ですので、病院選びなどもよく考えた方が良いかもしれません。

 

正しく知ろう!現代で増えてきている、精神病の種類まとめ

ストレスが多いと言われる現代では、自分を含め、友人知人が精神的な病気にかかるということも珍しくはなくなったのではないでしょうか。

そのため多くの人は、うつ病などの精神病の名前を一度は耳にしたことがあると思います。

ここでは、現代で増えてきている精神病の種類をまとめました。

 

精神病ってどれくらいあるの?

精神病は基本的に、見られている症状によって病名をつけます。

そのため、うつ病ではなくてもうつ病の症状が見られるということもあります。

 

では、精神病はどれくらいの種類があるのでしょうか?

 

分類の仕方によって病名は変わってくるのですが、ここでは世界保健機構(WHO)が作成したICD-10という類法に沿ってご紹介します。

 

1 症状性を含む器質性精神障害

脳自体の器質的異常によって引き起こされる精神障害です。

アルツハイマー、脳血管痴呆、せん妄、脳炎症後症候群などがあります。

 

2 精神作用物質使用による精神及び行動の障害

アルコールやドラッグによって起こる精神、行動の障害です。

アルコール依存症、離脱状態、精神病性障害などがあります。

 

3 統合失調症・統合失調型障害及び妄想性障害

統合失調症と、その近縁疾患が含まれます。

統合失調症、持続性妄想性障害、急性一過性精神性障害などがあります。

 

4 気分障害

正常の範囲を超えて、落ち込んだり、高揚したりが継続する気分の障害です。

躁うつ病、反復性うつ病性障害、持続性気分障害などがあります。

 

5 神経症性障害・ストレス関連障害及び身体表現性障害

心理的要因、性格的要因、内的葛藤などが原因で起こる障害です。

恐怖神経症、パニック障害、強迫神経症、外傷後ストレス症候群(PTSD)などがあります。

 

6 生理的障害及び身体的要因に関連した行動症候群

体の機能が低下し、時には機能不全になる障害です。

摂食障害、非器質性睡眠障害、性機能不全、睡眠障害などがあります。

 

7 成人の人格および行動の障害

人格や性行動に関する問題が生じる障害です。

人格障害、性同一性障害、性嗜好障害などがあります。

 

8 精神遅滞

生まれつき精神の発達が未熟な場合や、成長過程で精神の発達が停止するなどの場合があります。

 

9 心理的発達の障害

脳機能か何かの原因で発達が遅れ、心理的発達障害が起こります。

自閉症などがあります。

 

10 小児期及び青年期に通常発症する行動及び情緒の障害

幼児期、小児期、青年期に診断される障害で、多動性障害や行動障害などがあります。

多動性障害、行動障害、情緒障害、チック障害などがあります。

 

精神病といっても、脳に原因があるものも

上記の分類を見てみると、精神病といっても脳に原因があって精神的な症状が出ているということもあります。

 

だからこそ混同されてしまい、誤解されてしまうところもあるのでしょうが、こうした分類を見て少しでも理解を深められればと思います。

 

ストレスが原因なの?? 抜毛症(トリコチロマニア)症状と特徴

抜毛症に悩んでいる方はいらっしゃいますか?放置せずに、カウンセリングを受けて、ひとりひとりの症状に合った対処法を知ることが大切です。下記に抜毛症についてまとめてみましたので、参考にしてください。

 

■抜毛症ってどんな症状があるの?

正常な毛(主に頭髪)を引き抜いてしまうことです。無意識に抜いてしまう場合もあります。手の届きやすい前頭部や利き手側に多く見られるようです。「抜けてしまう」のではなく、自分で「抜いてしまう」ことが最大の特徴です。

正常に生えている毛を抜いてしまうために、地肌が露出したり傷ができることもあると言われています。

 

■治療する方法は?

毛を抜いてしまうことを叱ったり、注意することはやめましょう。自身の行動が気になり、かえって毛を抜くことが増えてしまうことがあります。精神科などでカウンセリングを受けて、治療をすることが有効な手段と言えます。

また、家族や周囲の人々の接し方一つで症状が緩和されるきっかけができることもあります。できるだけ温かく接していくことを心がけましょう。

 

■安心し、リラックスできる環境作りを

抜毛症は、これまでストレスが原因と言われていましたが、神経細胞に原因があるのではないかという説が有力になっているようです。

しかし、抜毛症に該当してもしなくても、ストレスの少ない生活は必要と言えます。過度なストレスをためないこと、ストレスを解消して心身ともにリラックスできる環境を整えることを大切にしましょう。

専門家に相談をして、自分に合った治療方法をアドバイスしてもらうことが解決の一歩となるかもしれません。早めに相談して、心身共に健康で過ごせたら良いですね。

 

吐き気がする・・・どうしよう!ストレスが原因?!ストレスと吐き気の関係

ストレスが強いと「吐き気がする」とおっしゃる方がよくいらっしゃいます。

ストレスと吐き気の関係についてご紹介させて頂きます。

 

◆ストレスとは

• 肉体的なストレス

肉体的ストレスはある一定の潜在的な容量があり、鍛え慣れという形で時間と共に許容量は大きくなります。

しかし、スピードや負荷が強すぎると、耐え切れなくなります。

精神的ストレスは、「自分だけではない」。

 

• 精神的なストレス

精神的・肉体的ストレスにより、眠られない・吐き気・頭痛・食欲減少・加呼吸・下痢便秘・消化不良・性欲の変化(増強や減少)などの、自律神経の交感性神経が優位になった時に現れる症状がみられると言われています。

 

◆吐き気の原因は

吐き気の原因がストレスで起きているものなのか、ハッキリさせる必要が有るでしょう。

過度のストレスがあり、特に病気や風邪を発症していないのであれば、ストレスが要因で起きた可能性が高いでしょう。

食あたりや他の原因で起きる吐き気ではないか、観察することが重要です。

 

◆ストレスが原因で吐き気がある

確実にストレスが原因で吐き気が有る場合、ストレスが原因だという理解がその症状を緩和させる要因となります。

 

として出てくるようになります。

パブロフの犬のようなものだと思ってください。

 

これは繰り返すことによって、ストレス=吐き気の状態を強化させることになるので、用心する必要があります。

 

◆ストレスだと思う時の目線

簡単なテストをしてみてください。

ストレスだ、イヤだ、と感じた時、どの辺りで感じますか、意識は胃袋の辺りに有りませんか、目線は下を向いていませんか。

 

楽しく嬉しい時は、目線は正面か上を向いています。意識は額の髪の生え際辺りに感じませんか?

 

体はある意味とても単純な構造的な物で、気持ちの持ちよう次第で症状が改善することがあります。いったん客観的に考えるのも良いことではないでしょうか。

 

(Photo by:pixabay 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-25掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ストレスに関する記事

こんなオフィスは注意!ストレスを高めるオフィス環境って?部下のメンタルヘルス管理で世代間のストレスを埋める

  あなたが働いている職場はどんな環境でしょうか。働く主な場所が屋外という人も...

なぜ精神病検査で血液検査をするの?精神病の検査や治療について、簡易チェーックシートも

精神病を疑って、精神科を受診したとき、検査の一環として血液採取を行います。 ...


中二病のわが子への対応~思春期の子を持つ親にできること~

  中二病・・・いわゆる思春期のお子さんの変化に戸惑う親は多いのではないでしょ...

感動できる映画でうつ病対策!ストレス耐性を活性化させうつ病予防する方法など

■人は感動することでそれまでの 大きなストレスをきれいに解消する機能が備わ...

カラダノートひろば

ストレスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る