カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. ストレス >
  4. 基礎知識 >
  5. なぜ精神病検査で血液検査をするの?血液検査の大事な意味

メンタル

なぜ精神病検査で血液検査をするの?血液検査の大事な意味

精神病を疑って、精神科を受診したとき、検査の一環として血液採取を行います。

精神科なのに血液検査をするというのは、ちょっと想像できないかもしれませんが、実は大切な検査なのです。

 

精神科で血液検査はなぜするの?

血液からわかる情報というのは、実に多くあります。

しかし、精神科を受診しているのだから精神病の疑いで来ていて、精神病は体の中に物理的な原因はないのだから、意味がないのではと思うのは当然です。

 

ですが、血液から多くの情報が分かると書いた通り、治療前に全身の状態を把握しておくというのは、実は非常に重要なことなのです。

 

>肝機能が低下していたら…

精神状態と肝機能に直接の関係はないでしょう。しかし、肝臓は薬の代謝において非常に重要な役割をする場所です。

精神病でも薬を処方されることがあるのを知っている方は多いと思います。

 

もし、肝臓が弱っている状態で、肝臓に負担をかける薬を処方してしまったとしたら、精神状態だけではなく肝臓にまでダメージを与えてしまうことになります。

 

>血小板が少なかったら…

血小板というのは血液に含まれる成分の一種で、傷口などが出来たときそこに集まって止血する作用を持っています。

もしこれが少なくなっていれば出血傾向があるということですので、生活の中での出血に注意を促すこともできます。

 

>低たんぱくだったら…

血液から食事量をうかがうこともできます。

摂食障害などであれば、これが分かることは大きな意味があり、点滴やその他の方法で栄養補給を行う必要も出てきます。

 

血液検査から精神症状の原因がわかることも!

場合によっては、血液検査の結果から、精神状態の原因を突き止めることもできます。

 

>細菌やウイルスが脳内に感染していた

血液検査で白血球が多すぎたり少なすぎたりする場合には、細菌やウイルス感染している場合があります。

その結果、その細菌が脳内に感染していて、精神症状が出ていたということもあるのです。

 

>甲状腺の機能に問題があった

精神症状の原因としてよくあるのが、甲状腺の機能が働き過ぎてしまう、甲状腺機能亢進症です。

甲状腺で分泌されるホルモンが分泌され過ぎてしまうと、気持ちがさえないなどの精神症状が出るのです。

 

その人の状態を知るために必要な血液

基本的に精神病の診断には、その人の話や家族の話を聞いて総合的に診断することが多いです。

ですが、その場合でも血液検査はその人の体の状態を知る上で、欠かせないものなのです。

治療を始める前に、全ての前提になるものを調べるのが血液検査とも言えるでしょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

基礎知識に関する記事

夜に活動することが!イベントに参加することが!心の負担、ストレスになるってどうして?

  夏には心も疲れやすいということを知っているでしょうか。 夏の疲れというと...

精神疾患で飲む薬にはどんなものがある?治療薬の意味とその種類、薬の意味とは?

精神疾患の原因は目に見えないものが多くあります。 精神疾患の治療法のひとつとし...


ストレスに負けないで。中学受験を控える子どものストレスを知ろう

大切な我が子をストレスから守りたい・・・きっと、親なら誰もが思うことでしょう。...

夫在宅症候群(夫源病、主人在宅ストレス症候群)って何?

  夫在宅症候群は、夫源病、主人在宅ストレス症候群などと呼ばれることもあります...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る