カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 安眠・快眠術 >
  4. 部屋の環境 >
  5. 寝苦しい夏の夜…クーラーや扇風機をうまく使って、家族が気持ちよく眠るためのヒント

不眠・睡眠障害

寝苦しい夏の夜…クーラーや扇風機をうまく使って、家族が気持ちよく眠るためのヒント

毎日のように気温が高くなる夏、日が落ちる夜でさえ「熱帯夜」といわれるほど、寝苦しい日がありますね。

そんなふうに大人が暑いと感じるとき、汗かきの子どもは、もっと不快な思いをしているかもしれません。

クーラーや扇風機をうまく使って、家族みんなで快適な夜をすごすためのヒントをまとめました。

 

体が気持ちいいと感じる温度と湿度とは

一般的に、寝るときに快適と感じられる気温は26~28度、湿度は50%前後といわれています。

気温を下げたいときはクーラーや扇風機を使うのが効果的ですが、クーラーの設定温度よりも、まずは部屋の温度がどのくらいかを基準に対策を考えることが大切です。

例えばクーラーの設定温度が26度だったとしても、室温は26度よりも低くなりすぎることもあるので、少しずつ調整していきましょう。

 

クーラーは一日中つけてもいいの?

室温が下がりすぎなければ、一定の温度を保つためにクーラーを一晩中つけておいても大丈夫なようです。

そのときは、体に直接風があたらないようにしましょう。

つけっぱなしにすることに、どうしても抵抗がある場合は、切タイマーをセットしておき、寝入る数時間だけつけるなど工夫してみましょう。

 

また、あわせて扇風機で空気を循環させるのも効果があります。

冷たい空気が部屋全体に広まるように、扇風機を首ふり設定で上向きにするのがオススメです。

クーラーの冷気がたまりやすいところなど、ちょうどいい場所を見つけて置きましょう。

 

保冷材や夏用布団などを利用して

子どもは暑いと何度も目をさましてしまいます。

また、どうしても汗をかいてしまうので、冷えて風邪をひいてしまわないか心配になる人もいるでしょう。


そんなときは、背中に薄手のタオルや汗とり専用パットをつけてから寝させ、汗がしみこんだら夜にとってあげるといいでしょう。パジャマを着替えさせるよりも、寝かせたままできるのでオススメです。


保冷材をタオルやガーゼで巻いて、子どもの枕に入れておくのもいいでしょう。その場合は、保冷材が直接子どもにあたって冷えすぎないよう注意が必要です。

また、最近では夏用の布団で冷たさを感じる素材のものや、昔ながらのゴザなど、寝苦しい夏を乗り切るためのアイテムがお店に多く売られています。

 

最近は、電力不足などを気にして、クーラーをなるべく使わないようにしている家庭も少なくありません。

しかし、夏バテの原因の一つは寝不足と言われるほど、体にとって夏の睡眠時間はとても大切です。
体に負担にならない設定温度で、いろいろなアイテムを活用して夏の睡眠をきちんととりましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: hanasuzumeさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

部屋の環境に関する記事

冬になると冷え性でなかなか寝付けない!そんな時は、タオルで首を温めよう

冬の眠りを妨げるものといえば、寒さです。女性には冷え性が多いので、寒さで目が覚...

寝るには図書館と同じ静けさが必要?安眠と快眠のための環境

  音は40デシベル以上になると寝付きが悪くなったり、熟睡できなかったりす...


より良い睡眠のために♪部屋の明るさは月明かりや星明りを参考にしよう

あなたは寝るとき、照明を消しますか?豆電球を付けたままですか?   子供のころ...

心地よい眠りには寝室の温度が大切!睡眠と温度の関係について

 寒い冬、足が冷え切って寝付けない・・・。暑い夏、エアコンをつけて寝て、タイマー...

カラダノートひろば

部屋の環境の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る