カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 行事 >
  4. 産まれてからちょうど6カ月♪ハーフバースデーってどんなお祝い?

育児・子供の病気

産まれてからちょうど6カ月♪ハーフバースデーってどんなお祝い?

 

子どものお世話をしていると、毎日のようにその成長を感じることと思いますが、とりわけ0歳の赤ちゃんの成長はめざましいものがあるのではないでしょうか。

首座り、寝返り、お座り、ハイハイなど、1カ月ごとにできることが増えていくのは嬉しいことですね。

 

そんな0歳のとき、ちょうど産まれてから6カ月の節目を「ハーフバースデー」としてお祝いする家庭も増えているようです。

これはどんなふうにお祝いをするイベントなのでしょうか。

 

「ハーフバースデー」は最近広まった?

ハーフバースデーときいて、今の赤ちゃんの祖父母にあたる人にとっては「なんのお祝い?」という方も少なくありません。

その名のとおり、ハーフバースデーは、1歳の半分である6カ月に行うお祝いです。

 

お宮参りやお食い初めは昔からある赤ちゃんのお祝いですが、それらが終わってからは、1歳のお誕生日まで特に赤ちゃんの成長を祝うイベントはありません。

しかし、その間の赤ちゃんは猛スピードで成長していきます。

そこで、なにか記念になることをしたいと考えたとき、ハーフバースデーはちょうどいい節目のお祝いなのです。

 

離乳食を工夫したり、お部屋を飾りつけて

具体的には、どんなふうにお祝いをするのでしょうか。

例えば、離乳食をスタートさせている時期なので、かわいらしい形に盛りつけたお粥や、野菜のすりつぶしなどを使ってデコレーションする人もいます。

 

ケーキはまだ食べられないので、オムツケーキを用意したりと、いろいろなアイテムを使って写真やビデオに思い出を残す家庭が多いようです。

 

写真屋さんのプランを利用する人も

最近は多くの写真屋さんで、お客さんを集めるためにたくさんのプランを用意しています。

ハーフバースデー用のセットの前で撮影をしたり、ドレスを着せたりとその種類はさまざまです。

1歳のバースデーと同じように、フォーマルな装いで親も一緒に写真をとることもあるようです。

 

ただし、まだまだハーフバースデーを知らない人も少なくありません。特に祖父母の世代の人たちにはあまりピンとこない場合もあるでしょう。

認知度が低いぶん、あまりたくさんの人を巻き込んでのお祝いは、周囲に気をつかわせてしまう場合もあります。

 

わが子の成長を家族でお祝いすることを一番に考えて、すてきな思い出を増やせる機会にできるといいですね。

 

(Photo by:pixabay

著者: hanasuzumeさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

行事に関する記事

「入園・入学祝い」お祝いを贈られた側の対処法とは? 

  わが子の入園・入学のお祝いをいただくのは、とてもうれしいことですね!   で...

内祝い・お宮参り・七五三など、0~7歳までの子どもの行事まとめ

子どもが生まれると、いろいろな行事やイベントが増えますよね。 まず出産後に考え...

行事の体験談

必見☆スタジオアリスの裏技!

お宮参り、百日、ハーフバースデー、初節句、お誕生日、七五三… 写真撮影をする機会ってたくさんあ...

1歳★誕生日【ケーキ編】

初めての誕生日、記念に残るものにしたいですよね。 息子のために作ったものだからと思い、普段なら...

カラダノートひろば

行事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る