カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 自律神経失調症 >
  4. 何となく不調…その長く続く不調の原因は自律神経?今すぐあなたの症状をチェック

メンタル

何となく不調…その長く続く不調の原因は自律神経?今すぐあなたの症状をチェック

何となく体調がすぐれない…というのは、生活の中で感じる人もいると思います。

ちょっと頑張りすぎたことが原因だったりもしますが、それがあまりにも続く場合、何か原因があるのでは?と思うでしょう。

 

その不調は「自律神経失調症」によるものかも

自律神経というのは体の様々なバランスを保ってくれています。この自律神経のバランスが崩れると、色々な体の不調というのが出てくるのです。

そうして見られるのが自律神経失調症という病気です。

 

自律神経が乱れることで見られる症状には個人差があり、特有の症状がなかなかないため、分かりにくいと言えます。

 

これにあてはまったら自律神経失調症の可能性

自律神経が乱れているからといって、特有の症状というのはありません。

ただ、他の病気でも見られるような一般的な体の不調が見られることが多くあります。

もし長く続く不調に悩まされているのであれば、自己診断して見てはどうでしょうか?

 

自律神経失調症のチェックシート

あてはまるものにチェックを入れていき、チェックの数を数えてみてください。

 

・休んでも疲れがとれない

・頻繁に頭痛が起こる

・頻繁に腰痛が起こる

・何をしたわけでもないのに動悸が起こる

・肩がこりやすい

・胃の調子が悪い

・めまい、立ちくらみが起きる

・耳鳴りがする

・気を失うことがある

・乗り物酔いがしやすい

・手足にしびれを感じる

・暑くても手足の先が冷える

・寒くても汗を大量にかく

・皮膚のトラブルが起きやすい

・下痢や便秘が起きやすく胃腸が弱い

・憂うつな気分になることが多くある

・突然不安な気持ちに襲われることがある

・寝つきが悪い

・眠りが浅く、熟睡感がない

・睡眠の途中で起きたり、朝早く目覚めてしまう

・胸がしめつけられるように感じる

・生活のリズムが不規則

・生理不順

・緊張しやすい

・生活の中でリラックスできる場面が少ない

・心配性だ

・低血圧だ

・アレルギー体質だ

・風邪をひきやすい

・慢性鼻炎を持っている

・天気によって心身の調子が左右される

・エアコンによって体調が悪くなりやすい

 

>チェックの数

0~1個…問題ありません

2~3個…自律神経が乱れている、あるいは予備軍の可能性があります

4~6個…自律神経が乱れています。休養、十分な栄養をとりましょう

7個以上…自律神経が乱れています。すぐに休養をとり専門家に見てもらった方がよいでしょう。

 

1つの症状の程度も重要

例えばひとつだけ症状が当てはまったとしても、それが生活に影響を与えるほどであれば、1つでも病院で診てもらうべきです。

さらに生理不順などの項目を見ると分かるように、他の病気によって引き起こされている可能性も十分にあります。

チェックシートはあくまでもひとつの目安として考えてください。

 

どうして自律神経はバランスを崩してしまうの?体の声には耳を傾けよう

季節が変わって気温が変化しても、多くの人はその環境の変化に左右されないで生きていくことができます。

そんな人間の体をつくっているのが「自律神経」で、逆に言うとこれに不調が生じることで人は簡単に体調を崩してしまいます。

 

「自律神経」が「失調する」というのはどういう状態?

そもそも自律神経というのは、相反する2つの神経から成り立っています。その2つの神経というのが、交感神経と副交感神経です。

交感神経が活動時に活発に働く神経で、緊張しているときやストレスを感じたときにも活発になります。

 

一方、副交感神経というのはその逆で、睡眠(回復)時、休息をとっているとき、リラックスしている状態のときに活発になります。

 

人間が生きていく上ではどちらの側面も必要ですよね。

自律神経はこの両方の神経がバランスよく働いていることで、体が健康な状態を保っていられるようにするのです。

 

失調する原因とは?

ではどんなときに2つの神経のバランスが崩れてしまう、つまり「自律神経」が「失調してしまう」のでしょうか?

多くの場合、自律神経が失調するというのは交感神経が働き過ぎている状態になっています。

 

交感神経が働き過ぎているということはつまり、

活動>回復

緊張>休息

ストレス>リラックス

この状態になっているということです。

 

交感神経が優位に(多く)働くようになる理由はたくさんあります。

 

労働過多

移動や転勤などの環境変化

仕事のストレス・プレッシャー

花粉症

不規則な生活習慣

偏った食事

睡眠不足

 

…などこれらは挙げていけばきりがありません。

さらに言えば、出産や結婚などプラスのことであっても、体はストレスを感じ、自律神経失調症の原因になりえます。 

 

自律神経失調症の原因とは?自律神経失調症になりやすい人の特徴

自律神経失調症の原因は、主に不規則な生活や習慣、ストレスなどの精神的なことと言われています。

 

自律神経失調症の主な症状

・頭痛 

・耳鳴り 

・味覚の異常 

・動悸や胸部圧迫感

・めまいや立ちくらみ

・体ののぼせ、または冷え

・息苦しい 

・眠れない

・不安になる

・イライラする

・記憶力や注意力が低下

など、症状は挙げるとキリがありません。

 

自律神経失調症は体の不調から精神的なものまで幅広い症状が現れます。

しかし、これらの体の不調は病変によるものではないため、病院で検査をしても異常が見つかりません。

この病気が発覚する経緯は、このような体の異変からの病院の受診です。

何件か病院を回っても原因が見つからない。そんな時は、自律神経の病気が疑われます。

自律神経失調症と診断された後、気をつけなければならないことがあります。

診断された後も、定期的に病院を受診しなければなりません。

何故なら、重大な病気を見逃してしまう可能性があるからです。

自律神経失調症だと思っていた病気が、実は他の重大な病だったというケースは多々あります。

 

自律神経失調症になりやすい人 

自律神経失調症は、生活環境が大きく関わる病気です。

 

・ 生活のリズムが乱れている

夜更かしをよくする、夜起きていることが多い、不規則な生活リズムは、自律神経失調症になりやすいのです。

現にうつ病などの精神的な病気を患っている人には、朝日や日光を浴びないという人が多いようです。

 

・ ストレス

精神的な病気のほとんどは、このストレスが引き金になることが多いです。

仕事のストレス、人間関係、環境の変化などが挙げられますが、ストレスを溜めこみやすい神経質な人、真面目な人に多いようです。

ストレス解消法を見つけておくことが重要です。

 

・ 生まれつき自律神経が過敏

子供のころから、環境や生活の変化に敏感な人がいます。

緊張するとチック症状が出る、嫌なことがあると体に不調が出るなどの自律神経が過敏な人は要注意です。

このように、生まれつきの人は身体が弱っているときに自律神経のバランスが崩れやすいので要注意です。

 

・ 女性

女性はホルモンの影響で、常にホルモンのリズムが変化します。

この変化が、自律神経の働きに影響を与えるので、男性よりも女性の方が自律神経失調症に陥り易いようです。

なりやすい人はまず、ゆっくりと休養をとること・ストレスを溜めこまないことが重要です。

 

自律神経失調症は、どんな人でも起こりうる身近な病気です。

体や心に異変が見られたら、すぐに病院を受診しましょう。

 

自律神経失調症は女性に多い?女性ホルモンと自律神経失調症の関係

自律神経失調症は、男性より女性に多い病気です。

そもそも自律神経とは、心臓を動かしたり汗をかいたりする体の機能をコントロールする神経です。

自律神経は二つに分けられ、活動的する神経である『交感神経』と、休む神経である『副交感神経』があります。

この二つの神経を調整することで、体を正常に動かすことができます。

自律神経失調症では、これら二つの神経をうまく調整できないために起こる病気です。

症状としては不眠、めまい、動機、頭痛、吐き気、体の痛みなどが起こりますが、検査をしても異常がみられません。

 

自律神経失調症は女性に多い?

女性は、女性ホルモンのバランスによって、自律神経のバランスが崩れます。

さらに女性は毎月の生理・妊娠や出産、更年期などで女性ホルモンが変化し続けます。

脳には、交感神経と副交感神経の「自律神経」をコントロールする視床下部があります。

そしてその下には、ホルモンの分泌を司る脳下垂体があります。

自律神経をコントロールする視床下部が、ホルモンの影響を受けることもあるので、女性は自律神経失調症になりやすいと言われています。

つまり、女性ホルモンが変化すると、それにつられて自律神経のバランスが崩れてしまうのです。

特に女性ホルモンが大きく変化する時期は、思春期・出産や妊娠・更年期などです。

 

特に気をつけたい更年期

更年期の女性は、女性ホルモンの分泌量のピークを超え、分泌量が増えたり減ったりと不安定な状態になります。そしてその後は、女性ホルモンは閉経に向けて減少します。

更年期障害が起こるのはこのホルモンの影響と自律神経です。

更年期障害の女性は、自律神経失調症などの精神的な病にかかりやすいと言われています。

ちょっと変だなと感じたら放っておかず、医師へ相談してみましょう。

 

人と話すこともストレスになりうる自律神経失調症

自律神経失調症は現代病とも言われる病気で、さまざまなストレスや不規則な生活リズム、不健康な生活習慣が積み重なって起こる病気です。こういったストレスに対する抵抗力が弱い人は自律神経失調症にかかりやすいのです。では身近に自律神経失調症を患っている人がいた場合、どういった接し方をすればいいのでしょうか? 

 

〇正しく理解する

「自律神経失調症はストレスに弱い人がかかりやすい」という情報だけですと、「精神的に弱い人がかかる」「忍耐力がないんだ」ととらえられることがあります。しかし、実際は全く違います。自律神経失調症のなりやすさは生まれ持った体質です。花粉症になりやすい・なりやすくないが生まれ持って決まっているように、自律神経失調症にも体質的になりやすいなりやすくないが決まっています。ただし、自律神経失調症のなりやすさは治療で改善できることも知っておきましょう。

 

〇温かく見守る

ストレスに弱いため、精神的な疲労がたまりやすいのが自律神経失調症の患者さんです。人がストレスだと思わないようなことをストレスだと感じることがあるため、基本的にはそっとしておいてあげてください。

周囲からすると何かしてあげたい気持ちになるかもしれませんが、むしろ心身を回復させるために他者とのつながりをしばらく持たないことが大切なのです。気分転換や望んでいないのに相談に乗るといったことは控えてあげてください。

 

〇話しかけられたら話を聞く

患者自身の気分によっては、話を聞いてほしいという状況もあります。そういった場合は静かに話を聞いてあげてください。 

 

まずは誤解のないように病気を理解してください。そうすれば、自律神経失調症の患者に対して根性論などを持ち出して話すこともありません。また、人が感じないことをストレスだと感じ、心身が疲れてしまっていること、それを癒す時間が必要なことも接する上で大切な知識です。

 

自律神経失調でよく見られる「10個の特徴的な症状」

体の不調を感じて病院に行き、色々と検査をしてもらっても、異常なしと診断されることもあります。

しかし自分自身は本当に体の不調を感じているから病院に行っているわけです。

病院でもわからない不調はもしかしたら自律神経失調症かもしれません。

 

自律神経失調症かなと思ったら心療内科へ

自律神経とは交感神経と副交感神経から成っています。その二つのバランスが崩れるのが自律神経失調症です。

バランスが崩れることで、精神面での症状が出たり、身体面での症状が出たりします。

 

自律神経失調症になると実に色々な症状が出ます。

そのため、症状によっては自律神経失調症以外の病気を疑って、他の科で診てもらうこともあるでしょう。

ですが、自律神経失調症が疑われる場合は、最終的には心療内科を受診するのが適しています。

 

自律神経失調症で見られる症状

連鎖的に症状が広がっていくということもあり、自律神経失調症は様々な症状が見られます。その中でも自律神経失調症でよく見られる症状をご紹介します。

 

1.めまいや耳鳴り

自律神経失調症でよく起こる症状です

 

2.胸がしめつけられる、息苦しくなる

交感神経が異常緊張することで起こります

 

3.心臓がはやくなったり、不整脈がある

心臓の動きは自律神経が支配しているため、それに伴った症状が起こります

 

4.暑いのに手足が冷たい、あるいは寒いのに汗をかく

血管の拡張収縮は自律神経が支配してるので、体温調整がうまくいかなくなりこうした症状が出ることがあります

ここから手足のだるさを感じることも

 

5.胃腸の調子が悪い

胃腸の動きも自律神経が支配しているので、便秘や下痢などが起こることがあります

 

6.肩こりや頭痛が治らない

自律神経が緊張することで、筋肉が過剰に緊張することがあります

 

7.気候の変化に弱い

自律神経失調症になると環境の変化に自分の体を合わせるのが難しくなります

 

8.まぶしさを感じるときがある

ストレス過多になり血中カリウム濃度が上がると、瞳孔反射機能が低下し、まぶしく感じることがあります

 

9.夢をよく見る

脳が興奮している状態が続き、そのまま寝ると眠りが浅くなって夢を見ることが多くなります

 

10.寝ても寝足りない

9と同じ理由で眠りが浅いため、睡眠障害が生じます 

 

こんな症状はしっかり医師に伝える!症状はメモしておく!

特にこうした症状が見られる場合、それは医師にしっかりと伝えましょう。また、これら以外の症状が出ることももちろんあります。

 

医師に相談をする前に、生活の中でどんな症状があるか、細かくメモをとっておくと、医師も判断がしやすくなりますし、誤診を防ぐこともできます。

 

(Photo by:pixabay

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-03-09掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

自律神経失調症に関する記事

非常に敏感な自律神経失調症患者へはどう接する?

  ストレス社会と言われる日本では自律神経失調症になる人は多くいます。 自律...

休むってどう休めばいいの?

  自律神経失調症になりやすい人は性格に共通するものがあります。それは、「良い...

カラダノートひろば

自律神経失調症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る