カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 自律神経失調症 >
  4. 原因 >
  5. どうして自律神経はバランスを崩してしまうの?体の声には耳を傾けよう

メンタル

どうして自律神経はバランスを崩してしまうの?体の声には耳を傾けよう

季節が変わって気温が変化しても、多くの人はその環境の変化に左右されないで生きていくことができます。

そんな人間の体をつくっているのが「自律神経」で、逆に言うとこれに不調が生じることで人は簡単に体調を崩してしまいます。

 

「自律神経」が「失調する」というのはどういう状態?

そもそも自律神経というのは、相反する2つの神経から成り立っています。その2つの神経というのが、交感神経と副交感神経です。

交感神経が活動時に活発に働く神経で、緊張しているときやストレスを感じたときにも活発になります。

 

一方、副交感神経というのはその逆で、睡眠(回復)時、休息をとっているとき、リラックスしている状態のときに活発になります。

 

人間が生きていく上ではどちらの側面も必要ですよね。

自律神経はこの両方の神経がバランスよく働いていることで、体が健康な状態を保っていられるようにするのです。

 

失調する原因とは?

ではどんなときに2つの神経のバランスが崩れてしまう、つまり「自律神経」が「失調してしまう」のでしょうか?

多くの場合、自律神経が失調するというのは交感神経が働き過ぎている状態になっています。

 

交感神経が働き過ぎているということはつまり、

活動>回復

緊張>休息

ストレス>リラックス

この状態になっているということです。

 

交感神経が優位に(多く)働くようになる理由はたくさんあります。

 

労働過多

移動や転勤などの環境変化

仕事のストレス・プレッシャー

花粉症

不規則な生活習慣

偏った食事

睡眠不足

 

…などこれらは挙げていけばきりがありません。

さらに言えば、出産や結婚などプラスのことであっても、体はストレスを感じ、自律神経失調症の原因になりえます。

 

こんな流れで自律神経は失調していきます

一時だけ交感神経がたくさん働いたとしても、人の体は休めたりすることによってバランスを取り戻そうとします。

そのため、仕事が忙しくても休みをとっていれば自律神経失調症にはなりません。

 

しかし、交感神経がたくさん働いている状態がずっと続けば、回復がおいつかなくなっていくのです。

それが自律神経を失調した状態ということです。

 

体や心がストレスを感じる

交感神経がたくさん働く

筋肉が硬くなる(体や心の緊張は筋肉の緊張につながります)

血流が悪くなる

酸素や栄養素が体の各部分に届かず、老廃物も排出されなくなる

体の回復がにぶくなる

体が不調を抱えるようになる

 

血流が悪くなると不調が不調を呼び込むような形になって、不調を抱えた体が常態化してしまうのです。

 

日頃から副交感神経に意識を

強いストレスを感じた後は、自分の好きなことをしてリラックスしたいと思うでしょう。

それは体がそう求めているからであって、そうでなければ体を壊してしまうためです。忙しさや環境を理由にして、体が求める声を無視していないでしょうか?

 

副交感神経が求める回復やリラックスにきちんと耳を傾け、日頃から自律神経のバランスを考えてあげてください。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

不眠症の原因って何?入眠障害は自律神経に異常があるから起こる?!

不眠症に悩む人の中には、自律神経系に問題を抱えている人もいます。   ●自律神...

自律神経失調症は女性に多い?女性ホルモンと自律神経失調症の関係

  自律神経失調症は、男性より女性に多い病気です。そもそも自律神経とは、心...


自律神経失調症の原因と治療法

  自律神経失調症の原因は、精神的なストレスにより生活リズムが乱れ、自律神経の...

自律神経失調症は生活習慣病に近い

  人の意識から離れた機能を司る自律神経が乱れることによって発症する自律神経失...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る