カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 夏バテ対策 >
  4. 夏の暑さを乗り切るための節電術!日差しをさえぎるだけで節電に!?

健康診断・健康管理

夏の暑さを乗り切るための節電術!日差しをさえぎるだけで節電に!?

 

夏はとにかく暑くて家に帰ったら、即エアコン!となりがちです。

しかし、夏場の過度のエアコンは身体に悪いのはもちろんのこと、かなりの電力を消費します。

でも、暑さを我慢しすぎると熱中症にもなるし、ストレスや疲労にもつながります。

そこで、ここでは暑い夏を上手に乗り切るための節電方法を紹介していきたいと思います。

 

エアコンをかけないとなぜ暑い?

 夏の室内はエアコンをかけないとなぜ暑いのでしょうか? 外よりも暑く感じる日もあるでしょう。

日差しの強い日中、ピーク時には外の温度より室内の温度のほうが高くなっています。

それは家の表面が太陽で熱せられ、屋根や壁、窓から放射線状に広がる輻射熱が室内に放出されるからです。

夏の砂浜が、歩けなくなるくらい暑くなるのと同じ現象が屋根や壁にも起こっているのです。

だから、夏の室内は強めにエアコンをかけないと涼しさを保てないのです。

 

電力を抑えて室内を涼しくする方法

それでは、住まいに入ってくる輻射熱を抑え、快適な生活をおくるための方法をいくつか紹介していきます。

 

緑(植物)のカーテンで日差しをさえぎる

夏の室内の暑さは日差しの強さ(日射)が影響しています。

壁や窓の外側にネットをはり植物のツルを巻きつけてつくる「カーテン」で日差しをさえぎるのが効果的です。

作り方としては、深めのプランターに野菜栽培用の培養土を入れて、苗を植えます。

ツルを巻きつけるネットを軒下でしっかり固定して、ツルがのびてきたら日差しをさえぎれるように巻きつけましょう。

ヘチマ、ゴーヤ、アサガオなどがおすすめです。

うまく建物の外側で日差しをさえぎることができれば日中で10℃ちかく温度が変わってきます。

 

すだれを使う

日本の夏の定番品のすだれを使えば日差しをさえぎることができます。

この場合、注意しなければならないのはすだれを窓の外に取り付けることです。

内側につけてしまうと建物自体は日差しを受けてしまうので、あまり効果はないでしょう。

 

サンシェードやオーニングもおすすめ

建物外側で日差しをさえぎるためには、サンシェードやオーニングもおすすめです。

 

室内を涼しくするには?

 室内の温度を下げるために大切なのは「喚起」と「送風」です。上手な喚起の仕方は、空気の入り口と出口をつくることにあります。

 例えば家の中であれば窓を開けるのと同時に、玄関を少しあてみましょう。空気の通り道ができれば、室内のあたたかい空気が外へ、屋外の涼しい風が室内へと送り込まれます。

 

エアコンを使用するなら

 それでもエアコンなしで夏を乗り切るのは不可能でしょう。夏、エアコンを使用するなら、他の部分で節電をしましょう。

 

不要なコンセントはぬいておく

1番簡単な節電方法です。電気を微量でも抑えるために有効です。

 

冷蔵庫の中は必要最小限にとどめ、設定温度を低めにする

冷蔵庫の設定温度を下げることで節電になります。設定温度が低くても冷蔵庫内を冷やせるように、冷蔵庫内にものをたくさん詰め込まないようにしましょう。

 

エアコンはつけたり消したりしすぎない

エアコンはつけ始めが1番パワーを使います。つけたり消したりしすぎると電力は余計に消費します。

ある程度室内が冷えエアコンを消してからは、別の方法で室内を涼しく保ち、またすぐにエアコンをつける、という使い方はやめましょう。

 

 夏にエアコンは必要不可欠です。しかし、エアコンに頼りすぎると身体にも悪く、電力も消費します。
エアコンに頼らず暑さをしのぐには、日差しをさえぎる、室内喚起、などの工夫が必要です。

暑さを我慢しすぎるのはよくありませんが、エコ意識を高めて上手に節電しながら暑い夏を乗り切りましょう!

 

(Photo by:pixabay

著者: zereさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

夏バテ対策に関する記事

夏場はミルクや母乳だけではダメ!?「白湯」で上手に水分補給!

   赤ちゃんの水分補給は、母乳やミルクで十分といわれています。   しかし、大...

熱中症予防にピッタリ!お味噌汁と梅昆布茶の知られざるパワー

梅雨入りして、蒸し暑さを感じる季節になってくると、まず心配なのが「熱中症」では...


弱った胃腸にやさしい夏野菜♪体を温める野菜を食べて胃腸を元気に!

これからの季節、気温が上がるのでクーラーで部屋を冷やすことが多くなります。 さ...

あなたの生活習慣は大丈夫?夏の疲れを溜めやすい生活習慣をチェックしよう!

暑いからと言って夏に全ての人が、夏バテをするわけでもありません。夏の疲れを体に...

カラダノートひろば

夏バテ対策の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る