カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 夏バテ対策 >
  4. 弱った胃腸にやさしい夏野菜♪体を温める野菜を食べて胃腸を元気に!

健康診断・健康管理

弱った胃腸にやさしい夏野菜♪体を温める野菜を食べて胃腸を元気に!

これからの季節、気温が上がるのでクーラーで部屋を冷やすことが多くなります。

さらに、冷たい食べ物や飲み物を摂ることが多くなり、体を冷やしてしまい、胃腸も冷えてしまいます。

冷やされて弱った胃腸が細菌やウィルスに感染することにより、下痢やおう吐などの胃腸風邪の症状を引き起こします。

胃腸風邪に感染したあとの弱った胃腸に良い夏野菜とはどのようなものでしょうか?

 

■体を温める夏野菜

野菜には体を温めるものとは反対に、体を冷やしてしまうものがあります。

冷えてしまった胃腸に体を冷やしてしまう野菜を摂ると、胃腸の症状はさらにひどくなってしまいます。

冷えた胃腸には、体を温めてくれる野菜を摂る事をおすすめします。

 

野菜には多くのビタミンが含まれています。その中のビタミンCやビタミンEは冷え症に効果があるといわれています。

ビタミンCは毛細血管の機能を保持する働きがあり、ビタミンEは血液の循環をよくしてくれます。

 

体を温める夏野菜には、カボチャ、赤ピーマン、ピーマン、山芋などがあります。

火を通すとよいので、煮物や炒め物、煮込んで野菜スープ、温野菜にするとよいでしょう。 

 

■体を冷やす夏野菜も火を通せばOK

夏野菜には体を冷やしてしまうものが多くあります。

夏野菜に多く含まれるカリウムには体内の水分を排出する働きがあり、むくみを改善して体を冷やす働きがあります。

トマト、きゅうり、なす、おくら、にがうりなどの野菜がこれにあたります。

これらの野菜は水分も多く、生野菜として食べるととても美味しいです。

ですが、体を冷やしてしまうので、火を通して温野菜や野菜スープにして食べるとよいでしょう。

 

■きゅうりの調理法には注意!

カリウムや水分を多く含み、夏の代表的な野菜のひとつです。

しかし、きゅうりにはビタミンCを破壊する酵素が含まれているので食べ合わせには注意しなくてはなりません。

そのまま他の野菜や果物と食べるとそれに含まれるビタミンCも壊されてしまいます。

このビタミンCを壊してしまう酵素は、お酢の成分で働きが抑えられます。

そのため、キュウリは酢の物にしたり、マヨネーズをかけて食べるとよいでしょう。

 

野菜にも成分によって働きが違ってきます。それぞれの働きを知ることによって栄養素を効率的に摂ることができますよ。

 

(Photo by:足成

著者: bellj375さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

夏バテ対策に関する記事

そうめんは夏バテを引き起こす?夏に不足しやすい栄養素とは?

暑い夏がやってくると食べたくなるのがさっぱりしたもの。 夏の食べ物といえばそう...

あなたの生活習慣は大丈夫?夏の疲れを溜めやすい生活習慣をチェックしよう!

暑いからと言って夏に全ての人が、夏バテをするわけでもありません。夏の疲れを体に...


夏場はミルクや母乳だけではダメ!?「白湯」で上手に水分補給!

   赤ちゃんの水分補給は、母乳やミルクで十分といわれています。   しかし、大...

夏バテ対策にも!辛い脚の疲れや冷えに効果的なツボはコレ!

室内で仕事をしていても足が冷えて悩まされたり、外で仕事をしていても、歩き疲れや...

カラダノートひろば

夏バテ対策の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る