カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 事故予防・安全 >
  4. 屋外 >
  5. 【道路交通法改正】自転車で3年以内に2回以上違反すると講習を受けなければならない!

育児・子供の病気

【道路交通法改正】自転車で3年以内に2回以上違反すると講習を受けなければならない!

2015年6月1日の道路交通法改正により、自転車の取り締まりが強化されました。

いままで自転車に乗っていて、違反をし罰金を払ったということは聞いたことがありませんでした。

しかし6月1日からは危険な運転をしていると取り締まりを受けることになります。

ここでは、道路交通法改正によって自転車の運転をするときにどのような注意点があるかまとめました。

 

■自転車の危険運転とはどんなもの?

危険運転の禁止14項目を下記に挙げてみました。

 

・信号無視

・通行禁止違反

・歩行者専用道における車両の義務違反(徐行違反)

・通行区分違反

・路側帯通行時の歩行者の進行妨害

・遮断機踏切への立ち入り

・交差点での優先車妨害等

・交差点での右折車妨害等

・環状交差点での安全進行義務違反等

・指定場所一時不停止等

・歩道での歩行者妨害

・ブレーキ不良自転車運転

・酒酔い運転

・安全運転義務違反

 

14項目難しい言葉が並んでいますが、簡単にいえば他の車や歩行者に危険が及ばないような運転を心掛ければよいわけです。

 

自転車は車道を通行し、歩道は例外。

左側を通行し、歩道は歩行者優先で車道寄りを徐行する。

夜間はライトをつけ、飲酒運転、二人乗り、並走禁止。

信号は守り、一時停止を行い、安全確認する。

 

あたりまえのことが書かれています。あたりまえのルールを守って運転すればよいだけなのです。

 

禁止運転を行ったらどうなるの?

禁止項目に該当する運転を行ったら摘発ということになります。

1回摘発され、それから3年以内に2回以上の摘発を受けた場合に「自転車運転者講習」を受講しなければなりません。

講習時間は3時間、手数料は5700円もかかってしまいます。

もしこの講習を受講しなかった場合、5万円以下の罰金が科せられます。時間とお金にかなりの負担がかかってしまいますね。

 

先日も10代の自転車運転手が70代の女性をはねて死亡させてしまったという悲しい事故が起きました。

運転手がルールを守って運転していれば、このような重大な事故は防ぐことができていました。

 

私も子どもと歩いて散歩をしていた時に、スピードをだした自転車とぶつかりそうになり、ヒヤっとしたことがありました。

これ以上、悲しい事故を起こさない為にも取り締まりが強化するのはとてもよいことだと思います。

私も自転車に乗る時には今まで以上に気を引き締めて運転したいと思います。

そして自分の子どもが自転車に乗るようになった時には、安全ルールをきちんと教えていきましょう。
皆さんも気をつけてくださいね。

 

(Photo by:足成

著者: bellj375さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

屋外に関する記事

赤ちゃんの紫外線対策!デリケートな赤ちゃんのお肌を守るには?

これから過ごしやすい気候になり、赤ちゃんとお散歩しやすいシーズンがやってきま...

赤ちゃんの事故・ケガを防ぐために☆屋外でやってはいけない3つのこと

赤ちゃんとの楽しいお出かけ。でもやってはいけないことをやってしまったために、...

屋外の体験談

長女のトラウマ。

東日本大震災があった3月11日、当時長女は7歳でした。 前日から高熱を出しており学校はお休みしてい...

小さな泥棒!!!

 キッチンでごはんを作っていた私、 えらく静かで子供がどこに行ったのかもわからないくらい静か。 ...

カラダノートひろば

屋外の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る