カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肺・気管支 >
  4. >
  5. 発熱、咳…感染した場合の中東呼吸器症候群(MERS)の症状・対処法とは

気になる病気・症状

発熱、咳…感染した場合の中東呼吸器症候群(MERS)の症状・対処法とは

 

現在、韓国では中東呼吸器症候群(MERS:Middle East Respiratory Syndrome)が感染拡大しています。

お隣の国ですし、いつ日本国内で感染者が出てしまうか心配ですよね。MERSとは、どのような病気なのでしょう?

 

■原因は?なにから感染する?

MERSはMERSコロナウィルスという新種のウィルスが引き起こす感染症です。このウィルスは2012年に英国で、中東への渡航歴のある肺炎重症患者から発見されました。

感染原因はいまだにはっきりしていませんが、中東にてヤマコウモリやヒトコブラクダからMERSウィルスが見つかっており、これらの動物を介しての感染が疑われています。

 

症状は、発熱、咳などの症状が主なもので、まれに下痢を伴う場合があります。

MERSに感染しても軽症であったり症状がでない人もいますが、高齢者や糖尿病などの基礎疾患がある人では重症化し、死亡する場合もあるので注意が必要です。

 

■どのように対処すればよいのでしょうか?

MERSウィルスは咳やくしゃみで感染する飛沫感染、感染者が触れたタオルなどに触れてしまうことにより感染する接触感染するといわれています。

このため、感染対策を行っていない病院などは院内感染の報告もされています。

 

まずは、こまめにうがい、手洗いを行うことです。

飛沫感染を防ぐためには、

・咳やくしゃみをしている人には近づかないこと

・マスクをしておくこと

 が大切です。

 

マスクをすることで鼻や口からのウィルスの侵入を防ぐことができます。

息苦しいからといって鼻を出して口だけをマスクで覆っている人をたまに見かけますが、それでは全く意味がありませんので気を付けてくださいね。

 

■感染してしまったら?

まだ国内で感染の報告は出ていませんが、今後感染しないとは限りません。

海外渡航によってMERSに感染してしまったらどうしたらよいのでしょうか?

 

帰国時に、発熱、咳などの症状がでている場合には、空港の検疫所に必ず申し出てください。

帰国後14日以内に発熱や咳などの体調変化があらわれたら、直接病院には行かないでください。

感染していたとして、行った先の病院で感染を拡大させてしまっては大変です。

 

事前に保健所に連絡をして、中東、韓国などに滞在していたことを報告し、指示に従ってください。

 

日頃からのうがい、手洗いの習慣を続けることによって様々な病気からの感染を防ぐことができます。

病気を予防する大切な習慣を継続していくようにしましょう。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: bellj375さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

咳に関する記事

意外な原因も!?春のせきの原因と可能性とは?

  春になると急にせきこむようになってしまったという方もいるかもしれません。春...

春にせきが出やすい…そんな方におすすめの春のせき対策に大事な3つの方法

 春にせきが出やすいときの対策のうち、特に大事な3つの方法を紹介します。 せき...


咳の薬は喉に効く薬、脳に効く薬に分かれる

咳の治療のために病院に行って薬を貰う場合、どんな薬があるかというと喉に効くタ...

適切な治療は検査から~トキソカラ症の検査方法

  トキソカラ症を治療するには、まず検査によってトキソカラ症を発見しなくて...

カラダノートひろば

咳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る