カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 行事 >
  4. 「入園・入学祝い」お祝いを贈られた側の対処法とは? 

育児・子供の病気

「入園・入学祝い」お祝いを贈られた側の対処法とは? 

 

わが子の入園・入学のお祝いをいただくのは、とてもうれしいことですね!

 

ですが同時に「お返しはどうしよう」という悩みがでてきますね。

 

ここでは、入園・入学のお祝いを贈られた側はどうしたらよいか?

という対処法についてまとめました。

 

悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

■原則お返しは不要。ただしお礼状は必ず書く

入園・入学のお祝いをいただいたときのお返しは、原則として不要です。

 

ただし、お礼状は忘れないようにしましょう。

お子さんの年齢によっては、直接本人からお礼をさせるのもよいですね。

 

入園・入学時の写真を葉書にしたり、いただいたお金でこれを買いましたと報告をかねたお手紙を送るのもよいです。

 

ただし、親族などには上記のようにお返しは不要ですが、お子さんのいない友人などにお祝いをもらった場合は、お返しをしましょう。

 

そして、もしも入園・入学のお祝いをあげなかった方からいただいた場合は「そちらのお子さんに贈らなかったのに、いただいてすみません」とおわびし、いただいた同程度の金額の品物や商品券などを贈りましょう。

 

■お礼を言うなら、なるべく直後に

お礼を述べるのはできるだけ早く、が礼儀です。

3日以内に礼状を書くか電話できちんと「ありがとうございました」と伝えるようにしましょう。

 

電話ですぐに感謝の言葉を伝えてから、後日入園・入学式の写真をきれいにプリントした葉書や礼状を送るのがベターです。

 

■お返しするなら何がいい?

原則お返しは不要、とはいえ友人などにはお返しを贈った方がよいです。

というわけで、いただいた金額の3分の1を目安に実用品などを贈りましょう。

 

タオルやお茶やお菓子などにのしやメッセージカードをつけるとよいです。

水引きは紅白の蝶結び、のしの種類は「内祝い」で下段に子どもの名前を書きます。

 

お祝いをいただいてから、あまり日が経たないうちにお返ししましょう。

遅くとも、お祝いをいただいた1ヵ月後までには届くようにしましょう。

 

入園・入学のお祝いをいただいた場合、すぐにお礼の言葉を電話やメールで伝えましょう。

そして、親族の場合は葉書や礼状を後日送り、友人や知人にはお返しの品を贈りましょう。

 

お祝いごととはいえ、礼儀を欠かさないようにしたいですね。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: mikanman09さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

行事に関する記事

七五三の由来とは?知っておきたいお祝いの基礎知識

「七五三」は、子どもがこれまで成長してくれたことをお祝いし、これからも健やか...

七五三の服選び、神社へ渡すお金、お祝いにかかるお金の金額はどうする?

子どもの成長をお祝いする行事の一つ、七五三。 準備のとき、親がまず考えるの...

行事の体験談

必見☆スタジオアリスの裏技!

お宮参り、百日、ハーフバースデー、初節句、お誕生日、七五三… 写真撮影をする機会ってたくさんあ...

1歳★誕生日【ケーキ編】

初めての誕生日、記念に残るものにしたいですよね。 息子のために作ったものだからと思い、普段なら...

カラダノートひろば

行事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る