カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 授乳 >
  4. トラブル >
  5. 長時間の授乳で乳首が痛む…授乳の際にちょっと気をつけるだけで予防できるんです

育児・子供の病気

長時間の授乳で乳首が痛む…授乳の際にちょっと気をつけるだけで予防できるんです

栄養や免疫を赤ちゃんに与えられるだけではなく、赤ちゃんとお母さんの大切なコミュニケーションにもなる授乳。

でも慣れない内は上手くいかないことも多く、母乳量も気になるところですが乳首のトラブルなども頻発します。

ここでは授乳時に感じる乳首の痛みについて原因とセルフケア方法を調べてまとめてみました。

 

■原因は長時間の授乳にあります

特に初産の場合母乳が出にくく、出るようになっても量が少ないため長時間乳首を吸わせてしまいがちです。

また、授乳に慣れていないため乳首を吸わせる角度が悪かったりして乳首に大変な負担がかかってしまいます。

 

そして大きな負担をかけたまま長時間頻繁に授乳していると乳首の先や根元が赤くただれ、ひりひりとした痛みやツーンとした刺激を感じるようになります。

ひどい時には皮膚が切れて血が出る事も…

 

■痛みを感じた時のセルフケア方法

痛みが軽く、裂傷も無い場合は授乳後に乳首ケア用のクリームを塗りましょう。

軽い傷や乾燥ならこれで改善されていきます。

痛みがひどく授乳にも支障が出る場合は産婦人科や皮膚科で軟膏を処方してもらえますので、医師の指示に従い使用してください。

 

■予防法は?

授乳の際にちょっと気をつける事で乳首の痛みや傷を予防する事ができます。

 

・乳頭マッサージをする

授乳前に乳首から乳房全体へとマッサージします

 

・乳首は深く含ませる

乳首の根元まで赤ちゃんの口の中に含ませるようにしましょう

 

・乳首を離すときに指を添える

赤ちゃんの口元に指を添え、赤ちゃんの口が開いてからゆっくりと乳首を抜く事で乳首が引っ張られなくなります。

 

・左右の乳首を均等に吸わせる

片方の乳房だけ偏って吸わせていると、吸わせている側の乳首に大きな負担がかかります。左右の乳房を均等に吸わせましょう。

 

上記のような方法がございます。自分にあった方法で工夫してみてくださいね。

 

頻繁な授乳やおむつ交換による寝不足で乳児のお母さんは疲れ切っています。そんな中で乳首まで切れてしまうと、とても大変です。

マッサージやケアをし、痛い場合は無理せず早めに病院へ行きましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

トラブルに関する記事

【乳児の育児体験談】第3のおっぱい(副乳)ができました

離乳食が中々進まず、おっぱいばかり飲んでいたので、私の母乳の出のピークは7か...

乳糖不耐症の症状

乳糖不耐症は、身体が乳糖、牛乳、牛乳製品にみられる糖を、次第に分解できなくなる...

トラブルの体験談

おっぱいが詰まりやすいものって・・・

3人娘を母乳で(現在は混合ですが)育てていますが、とにかく詰まりやすい私の乳。 参考までに詰ま...

侮れない乳腺炎。高熱と入院

「乳腺炎は痛いよ~」想像以上に辛いものでした・・。 3日間続く高熱、入院を経験。 もうかかりたく...

カラダノートひろば

トラブルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る